後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

健康には留意してるんです

去年の暮れ、部屋の置時計が壊れたので、温度湿度も
表示してくれるデジタル時計を買いました。

本体のドコで計っているのか不明ですが(笑)、とりあえず
1~2月の室温は15~17℃、50~60℃でキープ。

特に何もしていないんですが、人には結構快適な空間に
出来ているのでは?
しかも、インフルエンザは住みにくそう。
なかなかやるな、私 (の住まい) 。



大人だって泣きたい時がある。(それも結構な頻度で)

今日は昼から仕事をお休みしました。

と言っても、遊びに行くわけじゃありません。


マンモトーム生検 を受けるためです。


嗚呼、行きたくない………(涙)


(以下、検査の模様なので、そういうのが弱い方はパスして
 ください)

▼追記の開閉

おくりびと

今日は、昨日観た映画 『おくりびと』 の感想をば。

米国アカデミー賞の外国語映画賞を受賞したせいか、
ほぼ満員の入りでした。
でも、内容が内容だけに客層の平均年齢が高く(笑)、
子供はもちろん、上映中に携帯電話を操作するような
落ち着きのない若造どもが居なかったので、じっくりと
心安らかに鑑賞することが出来ました。

この作品は、一言で言い表すならば、 「静謐」 。

山形の美しい風景をバックに、淡々と物語が進みます。
淡々としているんだけど、ダラけることもなく。
良作でした。

▼追記の開閉

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

本日は映画レディースデーにつき、 『旭山動物園物語』 と
『おくりびと』 をハシゴ鑑賞しました。
日中働く者にはありがたい存在ですねぇ、レイトショー。

で。
まずは 『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』 。

一時は廃園寸前まで追い込まれた日本最北の動物園を、
園長や飼育員さん達の頑張りで盛り返し、夏シーズンの
月間入園者数では恩賜上野動物園を抜く人気施設へと
復活した様を描いた作品です。

人間ドラマを主軸に物語は進んでゆくので、動物達の
生き生きした姿を大画面でいっぱい観たかった私には
ちょっと不満が残りましたが、なかなか良かったです。

信念と誇りをもって働く人って、格好良い。
そこに、愛情が伴うんだから、もう最強だわ。

まぁ、例外も居ますけどね。
(映画の前半に、動物園は 「動物虐待」 だと抗議する
 愛護団体が出てくるんですが、実際にこんな活動を
 なさっているんでしょうか?
 『ハッピーフライト』 にも愛鳥団体が出てきましたけど、
 視野が狭いと言うか… 正直アホですね。
 西田敏行演じる園長の説得に、心の中で拍手喝采
 でしたわ)

何か、また行きたくなりましたよ、旭山動物園。
今度は集合時間など気にせず(苦笑)、丸一日かけて
ゆっくりまったり過ごしたいです。

ユニクラー

最近の私、ボトムスは殆ど ユニクロ です。

下着もブラ以外殆ど ユニクロ です。

下手すると、 全身ユニクロ の日もあります(笑)。


いいよ~、スキニーパンツ&ヒートテックインナー。


因みにブラはPJです。
布使用量の多い大きなサイズでも価格は一緒。素晴らしい。
(ワ■ールだと、Dカップ以上は価格もアップするからなぁ…)

ハケンの品格

最近、土曜日に再放送されている 『ハケンの品格』
楽しみに観ています。
(本放映の時は観ませんでした)
(と言うか、ここ10年、連続ドラマはロクに観ていません)

いつでも完璧な仕事っぷりを発揮、沈着冷静、肝の座っている
スーパー派遣社員なのに、時たま天然ボケる大前春子さんが
めっちゃ可愛いです。

ま、でも職場にこんな人が居たら、 絶対仲良くならない
とは思いますが(笑)。
( 「なれない」 のではなく 「ならない」 のがポイントです)

箱根旅行のお土産公開

箱根と言えば、寄木細工ですが。

土産
土産
ガイドブックで見てヒトメボレした寄木細工のミニチュア家具
ゲットです。
こんなにちっこいのに、ムク作り (色の違う木を寄せ合わせて
1つのブロックを作り、それをそのまま削って作った製品) 。
急須と茶筒のフタがちゃんと取れるんですよ。

購入先の 「京屋物産店」 さん曰く、コレを作れる職人さんが
ご高齢なので、あと数年したら販売出来なくなるとか。
後継者… は、やはり難しいのでしょうね。

▼追記の開閉

演劇集団キャラメルボックス ハーフタイムシアター

本日は演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアター
『すべての風景の中にあなたがいます』 & 『光の帝国』 を
観劇しました。

劇場は、昨年11月ブリーゼタワー内にオープンしたばかりの
サンケイホールブリーゼ」 。

60分のお芝居2本立てと言うキャラメル独自の構成で、どちらも
ハートウォーミングでちょっと切ないお話でした。

今日のみき丸
今回のみき丸。花咲かじーさん?

さて。

キャラメルは、トライアスロンパス (1年分のチケットをまとめて
購入しておく年間パスポート) にて妹と観劇しているのですが、
今回はまたしても (本当にまたしても) 妹にドタキャンされて、
友人しゃばださんにピンチヒッターとなってもらいました。

で。

妹と一緒の時のランチは、妹好みの “穴場” 若しくは “通” の
お店に行くのですが、同行者がしゃばださんの場合、2人共が
好みの

話のネタになるお店

に行きます(笑)。


そんなわけで、ブリーゼブリーゼ内の 「香港海鮮飲茶樓」 へ
れっつごー!!

え? 何故って?
それはね……

▼追記の開閉

箱根旅行 3日目その2

箱根家族旅行、3日目つづき。

今日のお昼ゴハンは、念願の強羅 「田むら銀かつ亭」 で。
1時間弱並ばせていただきました。
並んでいる間にオーダーを取りにきてくれるので、テーブルに
ついてからの待ち時間は殆どありませんでしたが。

豆腐かつ煮定食
私とママンは 「豆腐かつ煮定食」 をオーダー。
パパンにはコレにサラダ、小付け、デザート、コーヒーが付く
「豆腐かつ煮御膳」 を注文しておきました。
他の人よりちょっと豪華だとゴキゲンな70代(笑)。

かつ煮はめっちゃ美味しかったです。
ヘルシーだし、家でも真似っこして作ってみようかな。

食後は、腹ごなしに電車で一駅分歩きました。
向かうは、 「箱根彫刻の森美術館」 。

昼食を食べている間に、雨もあがりました。

箱根彫刻の森美術館
目玉焼き2つ。
シェフー、だいぶ傷んできていますよー。
▼追記の開閉

箱根旅行 3日目その1

箱根家族旅行、3日目。

朝5時半に起床し、朝風呂を堪能しました。

強羅温泉季の湯 雪月花
石畳のような絨毯。

強羅温泉季の湯 雪月花
足元をほんのり照らす灯り。エエ雰囲気です。

ところで。


今日は朝から 大雨 です。



いや、解かっていた。天気予報で解かっていたさ雨だって事は。
でもな… 雪ならまだしもな…
滝のような天の涙に、私の方が泣きたい気分。
何か? 私達は箱根にいけずされているのか…

強羅温泉季の湯 雪月花
濃霧に包まれる箱根の山。
▼追記の開閉

箱根旅行 2日目その4

箱根家族旅行、2日目更に更につづき。

バスに乗って、つづら折の道 ( 「七曲がり」 と言う難所らしい) を
揺られ、寄木細工で有名な畑宿を越え、箱根湯本駅に到着。

明日仕事がある妹とはここでお別れです。
京都へ帰る妹は小田原方面へ、もう一泊する3人は強羅方面へ。

そんな、強羅へ向かう電車での1シーン ↓↓↓

心は少年 2名(笑)

「男はいくつになっても心は少年」 之図(笑)

我が父と見知らぬ男性、縁もゆかりも無い2人ですが、全く同じ
ポーズで、最後部の座席から急勾配の線路を必死で見ている
その姿に、ママンと2人大笑いしました。
エエ年したおっさん2人に両側から覗かれ、車掌さんもちょっと
怖かった事でしょう(笑)。

スイッチバック
スイッチバック中。
右側に見えるのは、登ってきた線路です。

急なカーブ
U字を描くような急カーブ。3両編成なのに、1両目が見えます。
▼追記の開閉

箱根旅行 2日目その3

箱根家族旅行、2日目更につづき。

箱根町港で箱根海賊船を下船し、ひとまず昼食をいただきます。
向かったのは、 「とろろ汁専門店 むぎとろや」 さん。
箱根町でランチするなら、是非ココと決めておりました。
パパンもママンもとろろ、好きですしね。

麦とろ御膳
メニューはひとつ、 「麦とろ御膳」 のみ。
ふわっふわでエエ塩梅に味付けされたとろろにツヤツヤ麦ごはん。
量も程好く、美味しかったです。

因みに、私達家族の入店が12:30頃で、私達より少し遅れて来た
じー様グループで、本日分は売切れとなっていました。はや!

食後は箱根町をちょっとブラブラ。
だって、ここはアレですよ。

箱根駅伝往路ゴール地点
箱根駅伝の往路ゴール地点ですから。
駅伝ファンのパパンはちょっと感慨深げでした。
▼追記の開閉

箱根旅行 2日目その2

箱根家族旅行、2日目つづき。

富士屋ホテルを後にして、宮ノ下駅へと向かいます。

そんな私達の前に立ちはだかるのは……

あじさい坂
永遠に続くかと思われる、長くて急勾配の坂。

こやつ、 「あじさい坂」 とか言うらしい。
あじさいっておまい、そんな可愛い存在ちゃうわあぁぁぁぁぁぁ!!

正直、これを登り切るために、一日分のエネルギーのうち7割くらい
使った気がします。
何か? 箱根は私達を試しているのか…

宮ノ下駅
ちんまりした宮ノ下駅。

本日も箱根登山電車で強羅へ。
箱根登山ケーブルカー&箱根ロープウェイに乗ります。

富士山
大涌谷付近で見える富士山。
▼追記の開閉

箱根旅行 2日目その1

箱根家族旅行、2日目。

朝食も私の希望により 「ザ・フジヤ」 で。
(人数限定で菊華荘での和食も選べましたが、どうせなら
“かつて外国人向けだった” 雰囲気を味わおうと思って)

朝食のフレンチトースト
私とママンは 「フレンチトースト富士屋風」 を。
フレンチトーストの何をどうしたら、ここまでこんがり茶色に
なるんだろう…
でも美味しかったです。
妹は 「パンケーキ富士屋風」 をチョイスしましたが、こちらも
見た目はパンケーキと言うより厚めのクレープ。
富士屋ホテル、奥深い。

食後は、庭園を散歩。

水車
OH! ジャパニーズ・ウォーターミル!
(気分は外国人観光客)
(どこがだ)
▼追記の開閉

箱根旅行 1日目その4

箱根家族旅行、1日目更に更につづき。

妹も無事到着し、20時、漸くディナー・タイム始まり。

富士ミネラルウォーター
食前酒で乾杯しましたが、両親がビールだの日本酒だのを
飲む横で、下戸の娘2人はミネラル・ウォーターをちびちび。
ラベルがレトロで可愛いです。
▼追記の開閉

箱根旅行 1日目その3

箱根家族旅行、1日目更につづき。

さて。
富士屋ホテルでは、毎日16時から宿泊者限定の 「見学ツアー」 が
開催されます。
せっかくなので3人で参加してみたのですが… 真冬の閑散期にも
関わらず、参加者の多いこと多いこと。
おかげで、移動に逐一時間がかかる上、どの場所へ行っても人が
多過ぎてゆっくり見る事が出来ず、案内人の声も聞こえず…
後で 「一人見学ツアー」 を催行しようと心に誓ったのでした。

ザ・フジヤ
ホテルのメイン・ダイニング 「ザ・フジヤ」 。

ザ・フジヤ随一の特等席かも…
窓から花御殿が見えます。

ザ・フジヤから見た花御殿
「ザ・フジヤ」 から見た花御殿。
国の登録有形文化財です。
▼追記の開閉

箱根旅行 1日目その2

箱根家族旅行、1日目つづき。


箱根ロープウェイ
大空をゆくロープウェイ。
向こうに見える山々の峰、同じラインでハゲてます。
あの辺が森林限界なのかな?

ひとまず大涌谷観光は終了。
これから強羅へ降りて、宿泊地である宮ノ下へ向かいます。

大涌谷
モクモクの上を通過。
因みに帰りのゴンドラは家族3人で貸切でした(笑)。

眺め最高
勇壮ですなー。

▼追記の開閉

箱根旅行 1日目その1

箱根家族旅行、1日目。

ひとまず新幹線で京都から小田原へ向かいます。
因みに新幹線は 「ひかり」 。300系でした。
久しぶりにカモノハシでない四角い顔を見た気がする(笑)。

なお、座席は右側 (日本海側) の3列席だったので、富士山は
反対側の窓を覗き見状態でちらっとしか見えませんでした。
ま、いいか。これからなんぼでも見られる場所に行くんだし。

小田原駅から箱根湯本駅までの小田急電車、箱根湯本駅から
強羅方面への箱根登山電車にそれぞれ乗り換え。

箱根湯本駅では、やって来た小田急ロマンスカーを見てパパン、
「アレには乗らへんのか?」
乗ってもええけど、東京に行ってしまうで?
(そもそもアレ、全席指定制やからね)

箱根登山電車は、車輪とレールの間の粘着力だけで走る鉄道
としては日本で最も急な勾配を登ります。
先頭または最後尾の窓から見ると、電車が一生懸命登っている
様が良く見えて、思わず応援したくなります(笑)。

出山鉄橋
出山信号場で停車中。
眼下に見える緑色の橋(出山鉄橋)、アレを渡って来ました。
そして、これから第1回目のスイッチバックです。

お天気が良くて、車窓から見える景色は最高でした。

強羅駅
強羅駅、到着。山小屋風で可愛いです。

▼追記の開閉

箱根旅行 前日

明日から3日間、箱根への家族旅行です。

荷造りは日曜日にほぼ済ませてあるので、仕事から帰ったら、
とりあえず実家へGOです。

交通機関の時刻表など、下調べはバッチリです。
何せ私が “添乗員” ですからね…
(新幹線のチケットなども全て私が管理しているという)

案の定お天気は不安な状況で、大涌谷へ行こうと計画していた
最終日は確実に雨が降りそうです。
仕方が無いので、箱根の雰囲気をまったり楽しもうと思っていた
初日に行く事にするかー…

ではでは、行ってきます。

その名はデッチーくん

マイフェイバリット百貨店大丸で度々出会う男の子、それが

デッチーくん

デッチーくん


大丸共通のキャラだと思っていたのですが、どうやらこのコ、
京都店にしか居ないらしいです。

京都新聞 キャラっと@HAPPY

顔がバタ臭いのは、てっきり 高島屋のローズちゃんに
対抗
してるのだと思っていたのに、それも違った模様(苦笑)。
(碧眼は澄んだ心の色を表す… って解かるかそんなん!)

着ぐるみも居るようで、逢いたいような逢いたくないような…

デッチーくんイラストver.
イラスト・バージョン。可愛い。
と言うか目が青くないんですが…

「工事中」デッチーくん
「工事中」 バージョン。風呂敷は背負ったままなのね(笑)。

大好きです!!!

昨日のバレンタインデー、彦根のひこにゃんは186個もの
チョコをもらったそうです。

が、それより!

宮城のむすび丸がチョコ4つもらった方が、私的大ニュース!

エエエ (゚口゚;)(;゚口゚)(゚口゚;)(;゚口゚) エエエーーッ??!!


私もあげれば良かった!!


昨年の仙台出張以来、私の心をとらえて離さない憎いアイツ、
それがむすび丸。
こんなに好きなのに、ウッカリ出遅れてしまったわ…
よし、来年こそは!!!!!

“奥ゆかしさ”にひかれる女性…むすび丸にチョコ4つ

バレンタインデー

今年のマイチョコは、立花亭のホワイトチョコ、ロイズのポテチチョコ、
ルタオのショコラドゥーブル。

私、北海道民になるべきか? (2月14日限定で)

もちろん地元の洋菓子屋さんのも買いましたよ。
「シェ・ラ・メール」 のチョコプリンです。
まったりまろやかでんまいvv

ちょこぷりん

キタキタキタキタ


キタ――――(゚д゚)―――― !!!!


と言っても、13日の金曜日にやって来るジェイソン君では
ありませんよ。

スギ花粉 です。


そんなわけで、今年も飛散シーズンがやって参りました…

1月下旬から薬を飲み始め、 「はなこさん」 が稼動しだした
2月2日からマスクも着用している私。
薬の副作用で、眠いしだるいし粘膜乾燥するしで最悪です。

しかも今年は昨年と比べて飛散量が多くなるとか…
近畿では2~3倍に増加する見込みだそうです。

泣いてもいいですか。 (/_;)

(と言うか、花粉症のせいで既に涙目ですけどもね)

どうなるニッポンの将来

鳥取県の公立小学校には 「学級委員長」 が居ないそうです。
その理由は、 「委員長になれない子供が傷つくから」 「劣等感が
生まれるから
」 と抗議する団体等が居て、自粛した結果だとか。

はあぁぁぁぁ?? ヾ( ̄□ ̄;


もう、どんだけ過保護なんや……
ごめんなさい、ちょっと (と言うかかなり) 呆れました。

(以下、愚痴)

▼追記の開閉

さようなら…

エキスポランドがとうとう完全に閉園してしまうらしい…

ニュース

人為的事故は絶対許されないし、死傷なされた方々や
当日現場に居られた人達の事を思うと、潰れても当然と
言えるでしょうが…
いろいろ思い出のある遊園地だっただけに、残念です。
ダイダラザウルスが大好きでした。
さようなら。

そんでもって、頑張れひらパー!!
近場の遊園地はもう君しか居ない。

デジタル完全移行認めない派

ワタクシ普段あまりテレビをつけない人なので、今の今まで
気付かなかったのですが…


画面の右上に 「アナログ」 の文字


これ一体いつから???

何か、 いや~~~な感じ

どうせうちはまだアナログですよーだ。
地上デジタル放送は受信出来ませんよーだ。
テレビだって、でっかいブラウン管ですよーだ。
けっ。

いいじゃん、まだ綺麗に映るんだし。
SONYのトリニトロン25型01年製、ケナゲに頑張ってますよ。
地デジ対応の薄型テレビを買う必要性全く無しですが何か。

知る人ぞ知る

今日は演劇集団キャラメルボックスのチケット先行予約日。

平日の夕方に予約開始するのは正直止めて欲しいです。
平日の18時に、自宅でパソコンによる予約操作が出来る
環境に居るという恵まれた人ばかりだと?
職場のトイレやロッカールームでイライラしつつ携帯電話を
いじる身にもなってください…

それはともかく。

動悸、息切れ、気つけの時の強心剤 「救心」 のテレビCM、
西川浩幸さんと大森美紀子さんが出てますね。
夫婦役でホンマの夫婦共演、見る度笑ってしまいます。
お茶の間の大多数の人は知らないでしょうが。

カシペンーー! (ノД`)

携帯電話の機種変更検討のため、auのショップへ。
お目当てはCASIOのCA001です。

まず、店頭でモックアップをチェック。
外観はやっぱり、ちょっともっさり。
タッチパネルは、カメラ撮影の時なんかは便利そう。
でも、感度が悪かったり反応が遅かったりしたら、
イライラの原因にもなりそうです。
ディスプレイは大きくて綺麗です。

そして何をさておいても カシペン です。

モックは 「ミジンコ」 さんがウニョウニョしていたので、
待受を 「ペンギン」 らしきものに変更したのですが…

確かにコレはカシペンです。

でも1羽だけ。
しかも、あんまり動かない。

どうもCA001のペンギンは、 「カロリーカウンター」 など
「au Smart Sports」 の利用に合わせて動いたり、成長
したりするだけらしい。
エエエ (゚口゚;)(;゚口゚)(゚口゚;)(;゚口゚) エエエーーッ?!

私が所有しているW51CAのように、複数のペンギンが
わちゃわちゃしている待受やメインメニューはこの中に
入っていないの?
初期搭載されていなくとも、そういうペンギンのソフトを
後でダウンロード出来たりはしないの?
以上の疑問点を店員さんにぶつけてみました。
電話確認までしてくださって、解かった事は、

・わちゃわちゃペンギンは無し
・ダウンロード用も用意無し (予定も無し)




カ……



カシオぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ (ノД`)



そんなわけで、機種変更は見送り決定。

店員さん曰く、私のような新機種におけるアデリーペンギンの
存在確認が結構多いそうです。
ファン多いもんね、カシペン。
この我らのペンギンに対する熱い思い、カシオが聞き届けて
くれたらいいんだけど…

20世紀少年第2章

昨日は映画 『20世紀少年第2章 最後の希望』 を鑑賞。

公式サイト

普通に面白かったです。

前作は未知の世界に引きずり込まれたような疎外感と言うか、一種
おいてけぼりを食らったような感じが最後まで払拭出来なかったけど、
今回は話の進行がスピーディなので、かなりドキドキハラハラで観る
事が出来ました。
カンナとそのクラスメートの響子の女の子ペアが非常に頑張っていて、
好感が持てたのも面白かった一因かも。

ただ、やっぱり長編漫画を無理矢理映画の尺に合わせてるから、
原作を読んだ事がない私でも、 端折り感 が否めません。

これ、夏公開予定の次作が<最終章>なわけですが、どんな風に
決着つけるんでしょうね。
“ともだち” の正体は漫画と同じなんでしょうか。
と言うか、佐々木蔵之介さんは最終章に出てくるんでしょうか。

それにしても、相変わらず漫画から出てきたかのようなキャスティング。
春波夫の古田新太さんには笑わせてもらいました。兄さんスゲエ。

本当に私、満身創痍?(滂沱)

今日は午後から有休を取って、乳腺外来に行きました。
先週受けたMRI検査の結果を聞くためです。

で、結論から言うと。


マンモトーム生検 を受ける事になりました…



▼追記の開閉

ご案内

カレンダー

01月|2009年02月|03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。