後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

払ってるのに!!!

公的年金の世代間格差が、5年前の想定より更に広がっているそうです。
厚生労働省の試算では。

私は自営業ではないので厚生年金貰えるハズの身ですが、その厚生年金、
来年70歳となるモデル世帯が、保険料納付額の6.5倍の年金を受け取れる
のに対し、30歳以下では2.3倍にとどまるんですって。

自称19歳の私ですが、いくら受け取れるんでしょうね…

と言うか、受け取れるんですかね???

ホント、自分がこつこつ積み立てた分はキッチリ支給してもらえるような制度に
して欲しいです。
負担するだけ負担して何も返ってこないんじゃ、泣くに泣けない。

切実にタスケテ小人さん!!!!

今日も引き続き大掃除です。

とりあえず、先週見事に頓挫した 「紙系」 ブツの整理整頓を
続けましょう。


マイダーリン
友人から頂戴した、イニシエのロック雑誌が出てきました。

表紙はスティーヴ・ジャンセン。
英国ロックバンド 「JAPAN」 のドラマーで、少女時代の
我がダーリン
です。

友達にダビングしてもらったカセットテープ (←笑) を、それこそ
フン伸びるくらい聴いたもんだわ。
しかも、ボーカルやギターなどの奥でリズムを刻むドラム音だけ
拾い聴くと言うアホな技も身に付けたり。

あの頃は、自国アイドル << 英国ミュージシャン って言うのが
オトナ&オサレな女子の証だと思っていました。イタイな。

笑顔がまぶしいvv

化粧は当時の流行でしたので
真面目な表情だと凄くアンニュイな雰囲気なのに、笑顔はめっちゃ
可愛いんですよね。

ただ、笑顔の可愛い彼も、今はもう50代ですが………(遠い目)

因みに、仲間内での呼び名は 「スティーヴくん」 でした。
はい、必ず 「くん」 が付きます。
彼の実兄で 「JAPAN」 のボーカル、デヴィッド・シルヴィアンの
呼び名は 「にーちゃん」 。
多分、 『8ビートギャグ』 の影響です。

にーちゃん
にーちゃん




あの、だからびびあんさん、掃除は……………

結末は神のみぞ知る

作家の中島梓 (栗本薫) さんが亡くなりました。

中学・高校生の頃、私の周囲では彼女の 『グイン・サーガ』 が
人気を博しておりました。
私は読んでいませんでしたが… (と言うか3巻あたりで挫折した)

とうとう未完のまま、逝ってしまわれましたね。
作者はもちろん、読者にとっても残念無念でしょう。

心から哀悼の意を表します。

気ィつけや

つよぽん、今日から復帰です。
とりあえず、おまわりさんのお世話になるような事は
やっちゃいけません。一社会人として。
これからは気をつけなはれ。

天使と悪魔

本日は映画 『天使と悪魔』 を鑑賞。

非常に面白かったです。
面白かったですが……

(以下、少々ネタバレ)




▼追記の開閉

一応、理系です(笑)

新型インフルエンザ絡みで、最近よく目にする 「PCR検査」

ワタクシ、昔やっておりました。仕事で。
(検査関係に従事しておったもので)

PCRとは何ぞや? ってあたりはググルかヤフってください。
(おい)

DNAの増幅などと言うコムズカシイ作業は 全部機械が
やってくれる
ので良いとして。
検体となる反応液を作るのがすんごく面倒で…
だって、全てが●マイクロリットルとか■ナノリットルとかの
世界なのですよ。
そうね、水1滴が大体1ミリリットルだと思いねぇ。
その1000分の1が1マイクロリットル。
1マイクロリットルの更に1000分の1が1ナノリットル。
(ついでに、更に1000分の1が1ピコリットルね)
そんな単位、日常生活では絶対必要ないですから。
0.1マイクロリットルなんか、吸い取れたかどうか分からない
ですよ? 肉眼で見えないし。

人生、大雑把 がモットーの私には辛い作業でした。

ちょっぴり化学者っぽい気分には浸れましたけどね。
培地の上または中ですくすく育つ細菌を、己が五感を頼りに
相手にしている方が性には合っていたと思います。

東寺 春の特別拝観

東寺の 「春期特別公開」 招待券を友人からもらっていたのですが、
中々行けず、そうこうしているうちに拝観期限が訪れそうだったので、
午後から有休をいただき、行って参りました。

東寺 南大門
南大門 (重要文化財)

世界遺産・東寺の南側は、九条通と言う結構大きな道路になっており、
この大きな南大門を歩道から撮影するのは至難の業です。
(以前、家族を石段に立たせ、自身は自動車がビュンビュンと行き交う
 道路の中央分離帯でシャッターを切る中国人男性を見かけましたが、
 危ない上に何より迷惑千万なのでやめましょう)

東寺 金堂
金堂 (国宝)

金堂、講堂などは通常でも有料拝観が可能ですが、五重塔初層内部と
宝物館、観智院は、特別公開の期間でないと観られません。
そんなわけで、れっつごうです。

▼追記の開閉

本当にタスケテ小人さん!!!

さて、今日から大掃除です。

とりあえず、ラックやカゴの中に入れた大量の 「紙系」 のブツから
整理整頓を始めましょう。

と、言う事で。

銀魂 連載第1回目

『銀魂』 輝かしき連載第1回目、第一訓の切り抜きが出てきました。
この頃はまだ銀さんの黒目が若干大きめで 「美男子」 の域です。
いや、どんだけ三白眼になろうと、銀さんはオトコマエだと思って
いますけどね、私は。

『ルーキーズ』最終話

『ルーキーズ』 最終回の切り抜きも出てきました。
当時は、打ち切りっぽい終わり方にショックを受けたもんですが、
今じゃドラマ化、映画化ですよ。やっぱりスゴイよ森田先生は。

『ルーキーズ』最終話

ラストページはこんな感じ。

他にも、『デスノート』の連載前にあった読み切りバージョンとか、
『テニプリ』 最終回とか、いろいろ切り抜きが出てきました。
我ながら、保存し過ぎだな(苦笑)。
う~ん、懐かしい……

やっぱりコレらは捨てられんな。
うむ。



ところでびびあんさん、掃除は………

タスケテ小人さん!!

来月、私の住むマンションで消防点検が行われることになりました。
業者が各戸訪問して、報知器などを点検するのだとか。

それを聞いた私の第一声 ↓↓↓



大掃除しなアカンやん…ッ



友人はおろか、身内の訪問さえ拒む部屋と化していますが何か。


そうやな… とりあえず、 「足の踏み場」 も無い現状の打破
から始めるか…


そんなわけで。
ヒトサマにはよく 「住まいは綺麗で、きちんと整理整頓していそう」
と言っていただくワタクシですが。

その実情はと言うと、

ドロボウがひっくり返したような

と言うか、

小型台風が一過したような

と言うか、

リオのカーニバル隊が一踊りして

帰った直後のような


と言うか。

そんな感じ? (どんな感じや!)

「捨てられない女」 「片付けられない女」なんですね。
自分ルールでは片付けてるつもりなんだけど、他人から見たら多分、
相当な勢いでカオス状態。

でも!
放置ゴミと洗濯の溜め込みが無い分、まだ 「汚部屋」 レベルには
至っていないもんね! 多分!!

そもそも人間、部屋が散らかってるくらいじゃ死なないから!!!
(先生!この人開き直りました!)


はぁ………
寝ている間に、親切な小人さん達がお掃除してくれないかな…

頼りない事この上なし

TVにて、麻生総理出演の政府広報を見ました。

新型インフルエンザ流行でパニクる国民に対し、
・油断はできないが、早期に適切な治療を受ければ恐れる
 ことはない
・治療薬 (タミフル、リレンザ) の備蓄は、3800万人分と
 充分に確保なされている
と説明。

「冷静な対応をお願いします」 ですと。


冷静になれないよう煽ったのが、

あんたら政府とマスコミじゃん…


ふざけてますね。


因みに私は、全くの平常心です。
連日品切れ状態のマスクだって、もう要らないわ。

ヒノキ花粉の飛散、終わったみたいだし。

ふん。

ある意味、風評被害

新型インフル、とうとう我が市にも患者第1号が出ました。
まぁ、時間の問題だと思っていたし、それはいいんですが。

東京都はじめ関東の方が、近畿を “新型インフル汚染地域”
みたいな扱いをしているのがムカツキます。
何でも?
新型インフル検査を 「海外からの帰国者」 及び 「近畿地方
から帰って来た人」 に限っているとか?

そんな検査体制でいるから、患者が見つけられないだけで、
そっちの方が潜んだ感染者数は多いと思うんですが。
行き来している人間の数が圧倒的に多いんだから。
そこらへん、どうなん?


嫌な世の中やね…

保険証なくても3割負担に 新型インフルで厚労省


……何かなー。

わかるんだけど。

わかるんだけど。

税金も年金も健康保険料も、すべて真面目に払っている者が、
その義務に疑問を持たなくてもよい世の中になりますように…

(現政権には期待していませんけどね)
(かと言って2番目の某党もトップがアレじゃね…)
(他党の反対しかしない某党は論外ですしね…)
(はぁ……)

こち亀の両さんと同じです。

実は私、 3Dが大好きな人 です。

画像や映像が飛び出したり、立体的に見えたりするアレね。
アレが子供の頃から大好きで。

どのくらい好きかと言うと、例えば昨年の10月に公開された映画、
センター・オブ・ジ・アース』 。

日本で初めて フル3Dの実写映画 が上映されるという事で、
めっちゃくちゃ楽しみにしていたのに、フタを開ければ極々限られた
映画館でしか3D版を上映してくれず。
我が地元では当たり前のように2D版しか上映しかしなかったため、
泣く泣くそれを鑑賞。

しかも映画館の奴、2Dなんだから字幕版で観せてくれりゃいいのに
吹替版しか上映しなかったんですよ?
ただでさえ平面映像でこちとら傷心なのに、何が悲しくてドヘタな
演技の吹替えセリフを聞かせられなきゃならんのだ?
どんな拷問コレ??
大体、歌手及びタレントが本業の矢口真里より数段ヘッタクソな男優
2人って存在意義あるの? どうなの?

話題性だけでタレントとか売出中の俳優とかに吹替えをさせるのは
ホント、やめて欲しいです。聞くに堪えないから。

ま、それはさておき閑話休題。

観られなかった3D版が、3Dメガネ付きDVDで鑑賞出来ると言うので
早速予約。
その到着を心待ちにしていたところ、DVDに同梱されていたのは、

昔懐かしセロファン眼鏡

(映像も当然ソレ仕様)

あまりのチープさに、 メガネを床に叩き付けた
っちゅーくらい、3Dが大好きなのです。
(説明、以上)


そんな私が今ハマっているのが、コレ → THE AMAZING CARD

何かと言うと、レンズ付き STEREO VIEWER です。
覗くだけでアラ不思議、写真が立体化して見えるのです。

って、それ言いたいためだけの前フリがセンター・オブ・ジ・アース?!
なげぇよ!!!!!

でもコレ、結構楽しいんですよ。
名画シリーズなんか、 「あー、本来はこういう景色なんだなー」 って
新たな発見が出来ますし。
あと、クリスマスのテディベアもオススメです。
(写真の風景より、絵とか物の方がより立体感があって良いと思う)
友人へのバースディカードとか、当分コレでいこうと思っています。

さよならミニスカポリス!(違)

先日土曜日は、鴨川をどり、京都府立文化博物館の後、
アミューズメント・レストラン 「ザ・ロックアップ」 京都店へ
行きました。

何故なら、1日に行った 「アラビアンロック」と共に、16日が
閉店当日だったからです。

やっぱりこれは…


行かねば!!! (更なる話のネタに)


そんなわけで、ミニスカポリスに手錠をかけられ、監獄内に
レッツゴー。

ロックアップ ノンアルコールカクテルの結婚詐欺と偽証罪
ここは、下戸にも優しいノンアルコール・カクテルがあるので、
迷う事無く注文。
手前がグリーンアップル+グレープフルーツの 「偽証罪」 、
奥がピーチ+オレンジ+マンゴーの 「結婚詐欺」 。
プラスチック系ビーカーに入って、やって来ます。

理系だったし、物珍しくもないけどね(苦笑)

あと、やっぱり飲める方が楽しいだろうなぁと実感しました。
メスシリンダーに入ったビールとか、目玉の入ったカクテルとか
飲みたかった……

▼追記の開閉

どうするどうなるニッポン!!

休日のブランチは、昨日 「松之助」 さんでテイクアウトした
スコーンとビスケット。

松之助のスコーン

あまりに美味しかったので、2個一気に食べたところ、
胸ヤケで七転八倒しました。

胃腸年齢、考えないとダメですね。


それはそうと。

民主党の党首が、私の大嫌いなO氏から、私の大嫌いなH氏に
代わりました。

最悪だー……… _| ̄|○|||

自民党は論外だけど、民主党もダメだなぁ……
この国の未来を憂える一国民として、一体どこに希望を託せば
良いのやら。

鴨川をどり などなど

本日は、 「鴨川をどり」 鑑賞。

鴨川をどり

お茶席はさすがにお正客ではなかったけど、煎れてくれる
芸妓さんのほぼ正面でガン見(笑)。

舞台内容は、第一部が舞踊劇 『女たちの幕末』 、第二部が
舞踊ショーの 『薫風歌絵巻』 。

私と友人を抱腹絶倒に陥れた昨年、一昨年の公演とは異なり、
今年は花街らしいはんなりした内容でした。

でもそんなん、 鴨川をどりとちゃう!!

これは、来年に期待です。

(注:鴨川をどりは先斗町の芸妓・舞妓さんの艶やかな舞踊を
 堪能するもので、笑いを追及するものではありません)

鴨川をどりポスター

▼追記の開閉

個人的には肉っぽいアレの方が好きなんだが

突然ですが。
カップヌードルコロチャーのCMが大好きです。

「ゴローちゃーん」 だけでなく、 「ゴルゴちゃーん」 と畳み掛ける
ところがエエ味出してます。

冷静に考えると、 「コロチャー」 と 「ゴルゴ13(サーティーン)」 って
一文字も合うてへんやんか!! ってところもエエ味出してます。
好きやわ~。

バーン・アフター・リーディング

今日は 『バーン・アフター・リーディング』 を鑑賞。

いやー。



バカってだけで、人間これだけ

不幸になれるんですね。



因みに、バカに学歴は関係ありません。
高学歴でもバカはバカ。

▼追記の開閉

GOEMON

今日は映画 『GOEMON』 を鑑賞。

感想 ↓


玉鉄、それだけ!? ∑( ̄▽ ̄|||


えー…… そりゃ、主役級ではないけど…
でも、結構名前バーンと出てたし、 「悪の手先その1」 くらいだと
思っていたのに。
確かに悪の手先だけど、扱いはその10以下だったよ。
出た! と思ったら死んだ! よ。
ヒドイ話です。

ま、玉鉄はいいや。(おい)

▼追記の開閉

逆転検事

今月28日発売のDS 『逆転検事』 のテレビCMを観ました。
仰天いたしました。
カプコンさん……

似せる気、毛頭ありませんね?(苦笑)

ワタクシ、5秒ほど固まってしまいましたよ。
と言うか、松田翔太くんの演じているのが、御剣?
よもや御剣のつもりですか??
それはそれで格好良いですけど、でも、


私のミッちゃんじゃない!


ヽ(T△T)ノ


(泣くな)


因みにソフトは予約済みです。
プレイする時間は無いと思いますけど、側にミッちゃんが居てくれる、
それだけでシ・ア・ワ・セ vv だから! ふふ。うふふふふ。

(再三言いますが、生温かく放置する方向でお願いします)

石の上にも4年

早いもので、このブログも始めて4年経ちました。
レンタル日記の頃から通算すると、8年半です。

びびあん、おまえのような超ド級に飽きっぽい子が、よくぞ
ここまで……ッッ!! ヽ(T△T)ノ

アクセス数とか何も考えていない (と言うか来訪者の事を
まったく考えていない) タダの日記に徹底しているところが
継続の理由かもしれません。

毎日更新しなくったって、と言うか数ヶ月分溜め込んだって
気にしなくてもいいし!!
(いや、そこは気にしろよ!)

そんなわけで、5年目頑張ります。
そうだなぁ…
とりあえず、ポリシーである 「毎日埋める」 事に加えて、
「溜め込むのは数週間に抑える」事を第2目標にしよう。
うん、そうしよう。

晴明様、こんにちは

嵐山までヘアカットに行ったついでに。

安倍晴明公嵯峨墓所
陰陽師・安倍晴明公のお墓をお参りして来ました。

京都は嵯峨、民家の中にひっそりこっそり存在しています。
住宅地図がなければ恐らく辿り着けないかと(苦笑)。

▼追記の開閉

キタロウ!!

本日は朝イチでヘアカットです。
半分寝たアタマで嵐電に乗ったのですが…

下車して判明。

私が乗ってたの、 「化け電」 だったー!!

「化け電」 とは、水木しげる先生の描く妖怪達が車体に
描かれたキャラクターラッピング電車です。
うにょーーーーー!!!
写真を撮ろうと思いましたが、あれよあれよと言う間に
去って行ってしまいました。
乗っちゃったら、外の塗装なんて解からないからなぁ…
がくり。

どんな車体かは、いろんな方がブログ等にアップされて
いるので、そちらを参照にしてください。(おい)

嵐山 渡月橋
嵐山 渡月橋
嵐山 渡月橋。

ディズニースキーですが何か

今年の東京ディズニーリゾートは、ランドに先月オープンした
『モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!” 』 と、シーに
10月オープン予定の 『タートル・トーク』 と、立て続けに2つも
新アトラクションが出来るわけですが。

昨日のニュースで、再来年からも更に2つのアトラクションが
オープンする事が判明。

1つは再来年、ランドのシンデレラ城内。
シンデレラ城と言えば、私がとうとう参加出来なかったアトラク
『シンデレラ城ミステリーツアー』 がありましたが、今度のは、
ジオラマや絵画で 「シンデレラ」 の世界を表現するそうです。

もう1つは3年後の2012年。
シーに 『トイ・ストーリー』 を題材にした参加型アトラクションが
導入されるそうです。
3D眼鏡をかけてライドに乗り、立体映像を楽しむそうな。
(USJのスパイディみたいなもんか?)

そういや再来年にはもう1つ、 『ミッキーのフィルハーマジック』
がランドに登場するし。

くー!
オリエンタルランドは、私を離さないつもりね!!

行くけど。 (行くんかい)

休みの日って多分、地球がちょっと早く自転してると思う。

ワタクシ、イベントの食べ物は欠かさない女です。
ですので、ちゃんと食べましたよ。

端午の節句と言えば、コレ!!(食い物かい!)
柏餅アンド粽。

そんなこんなで、ゴールデン・ウィークも終了です。
連休中DVDしか観てないって、社会人として最低だな…
(何を今更)

オープン・ウォーター&オープン・ウォーター2

今日でゴールデン・ウィークも終わりです。

ってか、もう? ウソ、つい昨日始まった気がするのに…
母さん… 私のあの4日間、どうしたでしょうね?
まま~ぁ~、どぅゆーりめんばぁぁぁ~~~~

で。
今日もDVD鑑賞です。
自堕落ここに極まれり。いいんだ私の人生なんだから。

▼追記の開閉

魍魎の匣

突然ですが、歯の詰め物が取れました。

現在治療中の歯はともかく、その隣りの歯まで。

もう… もう……



ミルキィィィィィィィ!! (ノД`)



さて、今日もDVD鑑賞です。

『魍魎の匣』

前作 『姑獲鳥の夏』 は映画館で観て絶望したため、今作は敢えて
観ませんでした。

が。
思ったより良かったです。 (あくまで “思ったより” ね)

と言うか、椎名桔平さん演じる関君が可愛ゆーて可愛ゆーて!(笑)
関口が可愛いって、私的にありえないんですが。
(アンタ、主人公を何だと)
(いや、主人公は京極堂か)
京極堂 (堤真一)、榎さん (安部寛)、関君 (椎名桔平)がナイストリオ
でございましたことよ。

あと、雨宮役が劇団☆新感線の右近健一さんでした。
こんな、格好&言動が フツー の右近さん、初めてかも(笑)。
(舞台では奇天烈な役どころが多いもので…)
(そして、そんな右近さんを好きな女がここに約1名居るわけですが)

アズールとアスマール

今日はレンタルDVD鑑賞。

『アズールとアスマール』

フランス人監督によるフランス・アニメーション映画。
3Dの背景に2Dのトレース線無し人物で描かれるアニメですが、
一言で言うなら

美麗

映像がめっちゃくちゃ綺麗です。
特に、背景。
物語の大半の舞台となるアラビアの国の、何と美しいこと。

▼追記の開閉

そんな休日の過ごし方

世間様はゴールデン・ウィーク。
ワタクシも暦どおりの休暇をいただいております。

そして、世間様は新型インフルエンザが流行の兆しを見せている折、
用心して外出を控えている人も居れば、それをものともせず、まさに
流行真っ只中の諸外国へ出かける人も居るようですが。
ワタクシはこれから4日間、家に篭る所存です。

新型インフルのため?

いいえ、単に 赤貧且つ面倒臭い からです。

こんな時、TDRだのUSJだのキッザニアだのに連れてってとせがむ
子供が居なくて良かったと実感。
おかんだって、たまの休みにはフツーに休みたいんだ…
ホント、平日は仕事に、休日は子供に、その身と時間を捧げている
親御さん達には頭の下がる思いです。
パパン、ママン、若かりし日はいろいろ我がまま言ってごめんよ。

だがしかし!
育てる子供の居ない私の身体と時間は全て私のもの!
この4日間、溜まった録画番組やDVDの鑑賞に捧げるぜ!!

おーーーーーーーー!! (アンタ、人として最悪や…)

そんなわけで、本日は録画していた 『ROOKIES』 を鑑賞。
本放映時には毎週観ていました。
DVD購入時も全話観ました。

究極に無駄な一日だったな……
(いいんだ、ニコガク・ナインに癒してもらったから)

蜻蛉峠

今日は劇団☆新感線の 『蜻蛉峠』 を鑑賞。

蜻蛉峠

さて。
今回1番の見どころは、



堤真一の軍鶏



でしょう。

低音の大阪弁でボヤきまくる、ガタイの良い軍鶏……

かーわーいーいーーvv ( 「い」 のアクセントは上げる事)


って、そんなわけあるか!!(笑)

いや、でも、堤さんに軍鶏の着ぐるみを着せたクドカン&新感線も、
着ちゃった (更には馴染んでた) 堤さんも天晴れです。
そのせいで前半はちょっとグダグダだったけど、私は気にしない。

肝心の内容は、と言うと。
古田新太さんが 「善」 、客演の堤さんが 「悪」 と言う設定は新鮮
でしたが、堤さん演じる 「天晴」 が結局何をしたかったのか、何を
言いたかったのか、最後まで解からなかったのは、私の理解力が
低いせいか。
すべての原因が 「マザコン」 ってのも何だか……
まぁ、パワフルに怒涛の勢いでエンディングを迎えたわけですが、
振り返ってみると、何とも切ないやるせない物語でしたわ。

男にとって大事なモノを失ったオトコ?を演じた勝地君はかなり
良かったです。
これでアナタも立派な “準劇団員” ね。
もちろん脇をがっしり固めていた劇団員の皆さんは言うに及ばず。

あ、そうそう。
真の見どころは、堤真一の着流し姿でしょう!

太ももと白フンが惜しみなくチラ見え です!

チラ見えこそが女の浪漫!!


グッジョブ!! b( ^ー゜)


(アンタ… 大概にしときなはれや……)

ご案内

カレンダー

04月|2009年05月|06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。