後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

屋久島皆既日食ツアー 2日目その3

2日目、更につづき。

トッピーを食した後、再びバス乗車。
屋久島の最南端、尾之間に到着しました。

尾之間
「尾之間運動公園」
ここが我々の皆既日食観測場所になります。

屋久島は島全体が皆既日食帯にありますが、太陽の通り道に
より近い南側の方が、皆既時間が長くなります。

そんなわけで、この運動公園には多数の人間が押し掛ける事
必至ってなわけで、入場制限がなされるとか。
整理に従事する町役場の皆さん、お疲れ様です。

折りしも、雲が流れて青い空が見えてきました。
おおう!

この晴天を明日にもってゆきたい!!! (切実)

モッチョム岳
すぐ目の前には花崗岩の大岩が猛々しい 「モッチョム岳」 。
標高は1000m以下ですが、いきなりドンとそそり立っているので
圧巻です。
でも、ココも公園からちょっと行けば海なんですよね。
すごいわ屋久島。

因みに、モッチョム岳登山口は千尋の滝の駐車場にあります。
あんなとこから入ってここまで辿り着かなきゃならないのか…
すごいわクライマーさん達。

▼追記の開閉

屋久島皆既日食ツアー 2日目その2

2日目、つづき。

千尋の滝
「千尋 (せんぴろ) の滝」
観光客なら100%が訪れると言う脅威(笑)の滝です。

滝自体も見事ですが、圧巻なのは左側にある山。
何と、花崗岩の一枚岩なんだとか。サイズは約200×400m。
でか!!!

大人が両手を広げた長さの単位が 「一尋」 、千人が並んで両手を
広げたくらい大きいと言う事で、 「千尋」 と名付けられました。
隣りの滝が。 (滝の方かよ!)

千尋の滝
花崗岩を削りながら流れ落ちる清流。
滝の周囲のスケールがあまりにもデカ過ぎるせいか、ちんまりして
見えなくもないですが、落差は約60mあるそうです。

展望台からの眺め
展望台からの眺め。
お隣りの種子島が見えました。

▼追記の開閉

屋久島皆既日食ツアー 2日目その1

屋久島皆既日食ツアー、2日目。

今朝は早起きです。
起床時間は4時50分。魚河岸か。

何故こんな早起きを強いられるかと言うと、屋久島へ向かう
ジェットフォイル 「トッピー」 の出航時間が7時30分なので、
それに合わせたホテル出発時間が6時50分だからです。

朝の桜島
朝の桜島。
今日も山頂見えません。絶賛曇り日(涙)。

三世代の家族連れが遅れたため、ホテルを出たのは結局7時。
それでも15分後には乗船場に居たのだからスゴイです。
さすが桜島ビューのお宿、鹿児島東急ホテル。

チケット
「トッピー」 のチケット。指定席です。
「搭乗券」 なのは、船体が海面上に浮いた状態で突き進む
から? それともシートベルトを着用するから?
真相は不明。

▼追記の開閉

ご案内

カレンダー

06月|2009年07月|08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。