後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

家族旅行 in 淡路島 1日目-2

家族旅行1日目、続き。

宿泊先は 「ホテルニューアワジ」 。 公式サイト

はい。
近畿圏に住んでいる人なら誰もが口ずさめるであろう、
♪ ホテルニュ~~ゥア~ワァ~ジ~ ♪
です。

ホテル到着は14時過ぎ。
チェックインは15時でしたが、早めにお部屋へ案内していただく事が
出来ました。

お部屋の窓からの眺め
どの部屋からも紀淡海峡を一望出来るそうな。
また、東向きなので、朝は日の出が見えるそうです。そりゃ楽しみだ。


二名一室でも四名一室でも同じ料金だったので、部屋は親ペア、子ペアで
2つ取りました。
親部屋でお茶と菓子をいただいてほっこりした後は、早速お風呂です。

まずは、 「スパテラス水月」 の 「棚田の湯」 へ。

本来の 「洲本温泉」 (単純弱ラドン泉) 、このホテルでしか湧いていない
と言う赤く濁った 「古茂江温泉」 (ナトリウム-塩化物強塩泉) 、湯船の
片隅に竹炭を浸けた「竹炭の湯」 があり、乾式サウナにも入ったりしつつ、
1時間半ほど温泉を楽しみました。

難を言えば、ちょっぴり寒かったことでしょうか。
湯船は棚田風に三段になっていて、三段目は露天なんですが、屋外と屋内の
仕切りはガラスのパーテーションのみで、要するに室内がすべて半屋外状態
なのです。初夏~初秋は気持ち良いでしょうが、真冬はちと厳しい(苦笑)。
湯船につかっていると極楽なんですけどね。

(なお、 「棚田の湯」 は朝~昼が男風呂、昼~夜が女風呂になります)

晩ゴハンは親部屋で。ふぐ料理です。てっさ、てっぴ、てっちり、唐揚げ。
刺身など生状態の魚は一切ダメなパパンには拷問のようなディナー(笑)。

晩ゴハンはふぐ料理
他3名は全て美味しくいただきました。ポン酢がちと甘めだったかな。
私と妹は下戸なので、ひれ酒をひれスープにしてもらいました。

心残りなのは、てっちりの後の雑炊を、茶碗2杯分くらい食べ残した事。
家なら翌朝電子レンジでチンして食べられるのに…ッ!

夜は、胃の活動がピークを過ぎるのを待って、再びお風呂へ。
パパンとママンは 「今日はもうエエ」 と言うので、妹と2人でホテル別亭の
「淡路夢泉景」 へ行く事に。
「ニューアワジ」 に隣接して建っており、両館は連絡通路で結ばれている…
ハズだったのですが。

肝心の連絡通路が工事中につき、 迂回路 (駐車場横断コース)
突っ走る羽目に…


寒い!!!


(よくよく見たら、出口に 「綿入り半纏」 が用意してありました…)
(そりゃ、パジャマに薄い半纏を着ただけじゃ寒いの当たり前だ)

こちらの大浴場、 「湯賓閣 『天宮の雫』 」 は造りがメゾネットになっていて、
2階に脱衣場や室内大浴場、大理石の露天風呂、1階に岩の露天風呂が
ある仕組みです。
「まずは露天風呂でしょう!」 と、1階に降りたのですが。


寒い!!!!!


階段が非常階段のような吹きっさらし状態なので、寒風が情け容赦無く
裸体にアタックしてくるのです。
しかも、2階でかけ湯をしたもんだから、身体は濡れています。
瞬間冷凍されるかと思いましたよ。

湯船に入って解凍された時は、生き返る心地でした。極楽極楽~~
(…そうか! そのための吹きっさらし階段なのか!) (違うと思う)

すぐ目の前が海なので、波打つ音がBGMで気持ち良かったです。
今頃晴れてきた空には満天の星。北斗七星が綺麗に見えました。
あと、ほぼ正面に関空が見えるので、離着陸する飛行機の灯りを眺めながら
1時間程入浴していました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1064-2bdf831c

ご案内

カレンダー

05月|2017年06月|07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。