後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

初めての MRI

今日は午後からお休みをもらって、 「乳腺 MRI 検査」 を受けてきました。

当然ですが、このような検査を受けるのは生まれて初めてです。

でも、不安よりも好奇心の方が大きいバカがここに(苦笑)。
まぁ私の場合、乳がんである可能性を限りなくゼロに近づけるための確認検査だから、
気が楽だったというのもありますが。

と言うか、私の日常は7割方が 「話のネタを探索している」 状態なので、
今回もそんな感じで、いざ出陣。


で、検査ですが。

時計などの金属はすべて外して検査着に着替えます。

普通の MRI はあお向けに寝ますが、乳を検査する時はうつ伏せです。
横になるベッドには穴が2つ空いていて、そこに乳を入れるわけですね。
一旦寝っ転がったら、ウィ~ンと装置の中へ。

中に入ったらもう、一切身動きは出来ません。 ( MRI は動きに弱いため)
クシャミが出そうでも、足の裏がかゆくなっても、動けません。これ、結構キツイです。

それと、よく言われる騒音。
ゴーンゴーンゴーンだのカンカンカンカンだのガガガガガだの、いくつかパターンが
ありましたが、どいつもこいつも

やかましいんじゃボケェェェェェ! (暴言失礼)

耳栓が欲しかったよ先生…… (普通しないもんなんでしょうか?)

だがしかし。
私が一番 「アカン…」 とくじけそうになったのは、動けない事でも音がうるさい事でも
ありませんでした。

それは、造影剤。

まず、手の甲に注射針を刺すと聞いた時点で、 ∑( ̄■ ̄lll)  となりました。
私の血管って、人様よりかなり細くて且つ弱いので、腕でも針を刺し難いんですよ。
手の甲など完全に埋もれているため、相当うまい人でないと無理なんです。
案の定、私の手を見た技師さんが開口一番 「うわ、これ入るかな…」
ちょ、やめてそんな怖い事言うの(半泣)。

実際は、何とか皮膚の下で漏れる事もなく ( ← 漏れたらかなり痛いらしい…/涙目)
造影剤が注入されましたが、その時の感触がもう何と言うか、気色悪くて気色悪くて。
冷たい液体がこう、手の甲から腕の中にチュルチュルチュル~~ッと通り抜けていく、
奇妙な感覚。
何となく、映画 『マトリックス』 で赤いカプセルを飲み銀色の液体に浸食されたネオを
思い出しました。
がー! 思い出しただけでムズムズして気色悪い~~!!


そんなこんなで、検査終了。
かかった時間は、トータルで15~20分ほどでした。
思ったより短時間で良かったです。

稀に、造影剤の副作用 (発疹や悪心など) が出るそうですが、数時間経った今でも
ピンシャンしているので、その点は大丈夫だった模様。
造影剤は、お小水と一緒に出て行くらしく、 「水分をいっぱい取って、出来るだけ早く
出しちゃってください」 と言われました。


そんでもって、気になる検査の請求額は… 保険適用で 9,920円

(  Д ) ゚ ゚   高ぇぇ!!


4,5千円くらいかなと思っていたので、ちとショックでした。
普段、虫歯とか花粉症ぐらいでしか医者に行かない健康体なもので、あまり苦には
ならなかったけど… こうして見ると、3割負担ってかなり重く圧し掛かってきますね。

イタイタシイ手
穴の空いた手の甲。少し内出血気味。

余談ですが、検査の最後の方は、 ちょっとウトウトしていました
あの耳障りな大音響の中で… どんだけ大らかな人なんだ、私。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1113-99cb7361

ご案内

カレンダー

08月|2017年09月|10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。