後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

オペラ座の怪人

今日は 『オペラ座の怪人』 を観劇。  公式サイト

その昔、大阪のMBS劇場で観て、京都劇場で観て、そして今回は
大阪四季劇場で観たわけですが。


何回観ても、 クリスティーヌが鬱陶しい…


以下、感想のようなもの。 (今更ですが、ネタバレあり)



私、本当に、ヒロインのクリスティーヌがアカンみたいです。
誰が演じても (四季はもちろん映画も) ムカつくので、 恐らく彼女の人間性が
性に合わないんでしょう。

特に、首根っこを捕まえガッタガタ揺らしたくなるほどムカつくのは、第一幕の
最後の方。

“オペラ座の怪人” の所業に怖れ怯えているにも関わらず、 逃げ場の無い
屋上
にあがり、慰めてくれるラウルとラ~ブラブなデュエットを歌いまくった後、
何事も無かったかのように帰って行く シーン。

おま、さっきまでの涙はドコいったんや! ∑( ̄■ ̄lll

みたいな。

怪人から逃げてたんちゃうんかい!
そんな大きな声で歌っとったら、 「見つけてくれ!」 言うてるようなもんや!!


みたいな。

案の定、嫉妬に狂う怪人に見つかり、逆恨みとも言える激怒を招いているし。
悲劇のヒロインぶりっこしてラウルの気を引き、怪人にはそれを見せ付けて
引導を渡す、むしろ、それが狙いやったんか!? ってくらい酷い仕打ちです。

大体、これまで怪人のことを 「音楽の天使」 だと慕い、崇拝してきたクセに、
その正体を知るや一転して “ストーカー” 扱いする、その切り替えの早さが
どうにも我慢なりません。

ラウルはラウルで、そんなクリスティーヌの事しか見えない、考えない、まさに
恋は盲目、猪突猛進状態だし。

いや、怪人の方も、よくよく考えたら物凄く自分勝手なんですけどね。
私の中では、クリスティーヌが更にそれを上回る自己中キャラなので、どうしても
怒りの鉾先がそっちに行くと言う…
自分の欲のためなら人殺しも平気で実行する、そんな怪人の狂気を怖れながらも
心のどこかで信じたいと思っている、そういう葛藤がクリスティーヌにあればなぁ。

劇場で購入したプログラムの中で、高田崇史さんと言う方が、 「クリスティーヌは
幼い頃に父を亡くしたファザコンだから、怪人を 『父親』 だと思っていた」 と書いて
おられるのですが、まさにそのとおりなのかもしれないと思いました。
片や 「保護者」 としか思っていない、片や 「一人の (そして唯一の) 女性」 として
見ている、それじゃあ気持ちが一方通行なのは仕方無いわ。
(それでも、父親代わりだった人物を態度豹変して突き放す、切り替えの早さの
 理由にはならないですけど)

私がアンドリュー・ロイド=ウェバーなら、怪人にもう少し人情的な部分を加えて、
愛情の純粋さも際立たせた上で、クリスティーヌの恋心を怪人とラウルの間で
揺れさせ、最終的には孤独な境遇だった者同士、ずっと心を通わせ合っていた
怪人の元に残る、そういう展開にしますが。
元々ミュージカル自体、原作と展開が異なっているんだし、こういうラストでも
アリだと思うんですが、どうでしょう。
うーーーむ。


まぁ、これだけ毎回グチグチ文句を言うなら観るなって話ですが(苦笑)。

だって、 音楽は好きなんだもの……

オペラ座の地下の舞台セットも。
すんごいジレンマです。

やっぱりミュージカルは、観終わった後でほんわかとした気分になれるのが
いいな。


余談ですが、キーアイテムとなっているシンバルを叩くオルゴールのお猿さん。

ピポサル みたいな顔だと勝手に思い込んでいたのですが、実際は

菅原文太 でした。撃沈。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1128-f0c6a1a6

ご案内

カレンダー

05月|2017年06月|07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。