後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ミスト

映画 『ミスト』 を観ました。

公式サイト


まずは一言感想 ↓




しんどい…




最初から最後まで絶え間の無い緊張感に身も心も硬直して、
疾風怒濤の125分間が過ぎた後、驚くほど疲れていた私が
ここに。

以下、感想のようなもの。(ネタバレあり)







原作はスティーヴン・キングのホラー小説です。

なので、当然の如く ラストは救いが無い んですけども(笑)、
驚いた事にこの映画、

原作に輪をかけて救いがありません。


この主人公、映画史上1,2を争うくらい救われない人です。多分。
不運と言うか、理不尽と言うか…

恐らく、国や世界規模では救われたのだろうけど、主人公やその仲間は
まったく救われていない、そんな締め方でした。

映画の冒頭で、主人公達に見捨てられ、独り霧の中へと出て行く母親が
居たんですが、彼女がちゃんと子供達と共に居て、且つ助かっている姿を
すべてを失った主人公が目撃してしまうってのが、これまた救われなさに
拍車をかけていて… もう、なんちゅーか、ホンマにしんどい。

嫌な気分にさせてくれてありがとう監督。


そーだなー…

とりあえずこの映画、正体不明の何かがある日突然襲ってくるという点では
ジャンル的にホラー映画 or パニック映画+SF映画なのかもしれませんが、
多少サスペンス寄りだなと思いました。

だって多分、原作者や監督が言いたいのは、この世で一番怖いのは宇宙や
異世界から来る生物より、身近に居る人間 (の心) だって事でしょうから。

確かに、ミスト (霧) の中から襲い来るクリーチャーはいくつか居ます。
見目形は “怖い” と言うより “気色悪い” 部類。
顔、特に人間を小馬鹿にしたような口元がやけに漫画チックで、見ていて
すんごいムカツク (笑) んですが…

そんなもん目じゃないくらい ムカツキ度MAX! なのが、
狂信的クリスチャンのオバハン。

旧約聖書を持ち出し、現在進行形で起こっている惨事はあたかも自分が
予言したかのようにまくし立てる、どうしようもないクソババァ (暴言失礼)
です。

私があの場に居たら、絶対 ラリアット 決めてる。
それも2,3回。
ジャーマンスープレックスでもいい。

私は無宗教者 (敢えて言うなら仏教徒) なので、ヨソ様が信じる宗教の
詳しい事は何も知りません。
でも宗教って本来、苦しむ人々に精神的救いを与えるものじゃないの?
このオバハンのように、更なる苦しみを与えて悦に入るもんなの?
自分は神の御使いだと、とんだ勘違いしているのも鼻につく。

町民達が不安と恐怖にかられ、藁にも縋る思いなのは理解出来ますが、
オバハンの信者になっていくのは全く理解出来ん。
信仰の相手は神様じゃないんですよ? 自称天使様なんですよ?
縋る藁がこんな狂人でいいのかアンタ達。

その点では、自力で現状を打破しようとする主人公一派は好感持てます。

結果的には 「水泡に帰す」 でしたけど。

と言うか私なら、最後の最後まで諦めないけどな…
拳銃は、逃げて逃げて逃げて、そしてどうしても逃げ切れなくなったその時
使いたい。家族が居るなら尚更です。

観終わった後、あれこれ考えさせられました。

何故このような事態になり、何が襲ってきたか、そしてどのように収束したか
と言った、 「原因」 と 「結果」 は殆ど呈示されません。
「全てが判明しないと気持ち悪い!」 と言う人には向かない映画ですね。
私はそういう 「観る側に想像の余地を与える」 手法は結構好きなので、OK
でしたが。

最後のスタッフロールに音楽が無く、軍用ヘリと軍用車の音だけなのも、
ある意味余韻があって良かったです。
暗い気分をますます下降させてくれましたよ。

もう一度観たいような、もう二度と観たくないような、複雑な心境になった
作品でした。

うむ。

あ、そうそう。
『サイレントヒル』 で正義の警察官を演じていたローリー・ホールデンが、
この映画でも主人公を支持する教師役で出ていました。
「霧」 に縁のある人だなぁ(笑)。

あと、 『ポセンドン』 で船長を演じていたアンドレ・ブラウアーも、主人公と
反目する弁護士役で出ていました。
いつも説得を聞かない人だなぁ(苦笑)。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1175-4e1384c0

ご案内

カレンダー

05月|2017年06月|07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。