後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

祇園祭 山鉾巡行 昼之巻

昼休みは自家製おにぎり1個をかっ込んで、御池通へと
繰り出しました。

巡行中の月鉾
13番目の月鉾がちょうど目の前を通り過ぎていきました。

↓ 詳しい事はこちらをどぞ (人の褌で何とか)
京都新聞 祇園祭特集



芦刈山
芦刈山。
重要文化財の衣装を身に着けたご神体は、山鉾再古級だとか。

綾傘鉾
綾傘鉾。
私の前を通過する時は、棒振り囃子がありませんでした。ヒドイ。


そして。

蟷螂山

カマカマちゃんキタワ――ヽ(▽^ (^▽^) ^▽)ノ―― !!!

今年もまるで 私のために やって来たかのようなタイミング。
牛頭天王様ありがとう!

目ガ合ッタヨ!!!(狂喜乱舞)
200メートルほど追っかけをした女がここに。(←アホ)
何度もカマカマちゃんと目が合いました! (←幸せだけどアホ)

そんなわけで、愛嬌たっぷりのカマカマちゃんをご覧あれ


焦げるかと思うくらい暑かったです…
本当に泣けるほど良いお天気で、顔が焦げるかと思いました。

菊水鉾
菊水鉾。

木賊山
木賊山。

伯牙山
伯牙山。

郭巨山
郭巨山。日覆い障子の屋根が特徴です。

船鉾が見たかったのだけれど、12時40分の段階で巡行21番目の
放下鉾が河原町御池で辻回しをしていたので (船鉾は23番目) 、
諦めて職場に戻りました。

なお、山鉾巡行は新町通で見るのが一番風情があると思います。
狭い道を大きな鉾が通り抜けてゆくのは迫力満点。
(ただし、あまりに多くの見物人が詰め掛けると、巡行の邪魔に
 なったり、町内にお住まいの人達の迷惑になったりするので、
 私は敢えて行きませんが…)

巡行を終えた山鉾は、それぞれ自分の町へと帰ってゆき、速やかに
解体されます。 (神座に集めた疫神を四散させないためだとか)

解体中の函谷鉾
夜、解体途中の函谷鉾。
もはや定点観測と化している気が…(苦笑)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1241-6f2bdfa4

ご案内

カレンダー

10月|2017年11月|12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。