後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ジブリ作品一気鑑賞

録画していた 『猫の恩返し』『ゲド戦記』『となりのトトロ』
続けて観ました。

前2作は今回初見。

『猫の恩返し』 は、思っていたより良かったです。
正直、映画にするほどの題材・ストーリーじゃないとは思いましたが、
ちんまりしてはいるけど綺麗に纏まっているし、ハッピーエンドだし、
主人公はそこそこ好感持てるし、何よりバロンが格好良いし。

それに、声優陣が良かったです。

ジブリの “本職の声優さんを使わない” 態度には反感を抱いている
声フェチの私ですが、この作品にはイラッとくる役者さんが居なくて
良かったなぁ、と。

バロン役の袴田ヨッシーは、元々その低音ヴォイスが大好物だった
のでNo Problem (むしろ抜擢してくれてありがとう) だったのですが、
ヒロイン・ハル役の池脇千鶴ちゃんも可愛かったし、ルーン王子役の
山田孝之君が思いの外美声だった事に気付かせてくれたのは収穫
でした。

(因みに、これまで 「この人が演じるなら声優使わなくてもOK」 だと
思えたのは、 『もののけ姫』 のアシタカ役、松田洋治君だけです)
( ↑ おまえ何様)


それに反して、 『ゲド戦記』 は……

主役級2人がダメ過ぎて 、聴いちゃいられませんでした。

岡田准一君、ドラマとか見る限りではエエ感じなのに…
「声だけの演技」 には合わないタイプなんでしょうね。

テルーについてはもう、何も言いたくありません。
歌もそんなに良いとは思えませんでした。
( “歌だけ” 聴いたなら、また印象は違ったかもしれませんが)

あと、ジブリ作品、とりわけ宮崎駿監督作品はどれも、景色の美しさに
ぐっとくるんです。
でも、この作品にはそれが無かったのが残念です。
飛翔する竜や、砂漠の朽ちた巨大船や、ハイタカとアレンの道中など、
材料はいっぱいあったのに…
多分魅せ方がイマイチだったんでしょうね。

話もよく解かりませんでした。
アレンの 「光」 と 「影」 とか、テルーの正体? とか。
そもそもアレンは何でいきなり自分の父を刺して逃亡したの??
原作を読んでいないせいなのかもしれませんけど、読んでいない者も
すんなり入り込めるような、さり気ない解説を劇中にくれい(涙)。

そういや、今日から 『崖の上のポニョ』 が公開されていますね。
あの主題歌は反則です。
好きでも何でもない (むしろ小さい女の子のまだ不安定な音程に、
何とも落ち着かない気分になる) のに、妙に耳残りするんですが…
気が付くと、 ♪ポーニョポニョポニョさかなの子♪ と脳内で歌ってしまう
私がここに。タ、タスケテー。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1243-fb59e45c

ご案内

カレンダー

08月|2017年09月|10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。