後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』 観てきました。

公式サイト


そうですねー、最大にして唯一の見所は、


リー・リンチェイ兄さん

   VS

ミシェル・ヨー姐さん



剣を交えて闘う2人のアクション・バトルを拝めた事だけが、私にとっての
収穫でした。

その他は…… まぁ。
ブレンダン・フレイザーは頑張ってんですけどね。
ジョン・ハナも相変わらずエエ味出してるんですけどね。
うーむ。


以下、感想のようなもの。(ネタバレあり)





まず、 レイチェル・ワイズの降板が痛い。

ほんま、痛い。
ひしひしとそう感じました。

そんなわけで、レイチェル・ワイズの代わりにマリア・ベロがエヴリンを
演じているのですが、これがもう 違和感アリアリ で。

結局私は最後まで、この作品のエヴリンが “ハムナプトラ・シリーズの
エヴリン” だとは思えませんでした。

マリア・ベロのアクションは良かったです。
修羅場を掻い潜ってきた女傑って感じで。

でも、そんなのエヴリンじゃないから。

前世 (ファラオの娘で武道の達人) の記憶と外人部隊出身で滅法強い
ダンナのおかげで、人並み以上の戦闘能力は得ても、インテリの気品と
育ちの良さからくる清純さがあり、それでいて結構ドジで無鉄砲ってのが
エヴリンじゃないですか。
マリア・ベロ版エヴリンは、スキが無くてたくまし過ぎるんですよ。
この人、イムホテップと対峙しても絶対負けないと思う。猫要らずだよ。
笑顔がデヴィ夫人に似てる (と私は思ってる) のもマイナス・ポイント。

あ~~、レイチェル・ワイズ~~~、何で降板しちゃったんだよ~~~

成長した息子アレックスも、何かイメージが違いました。
これがあの利発でキュートだった少年の成れの果て?!みたいな。
私のイメージでは、考古学を専攻し、遺跡の発掘調査に参加もするけど、
基本的には学者肌で、嬉々として危ない事に首を突っ込みまくる両親を
ちょっとシニカルに、やれやれといった風情で見守っているメガネ青年に
成長しているハズだったのに~~~! (妄想すまぬ)
こんな、脳みそにキンニク詰まってそうな、ミイラより女の子ハントの方が
得意そうな (ある意味年頃の男としては正しい) アレックス、イヤだ~!

パンフレットで、映画ライターさんが 「キャスティング・ミス」 だとハッキリ
書いていらっしゃいますが、ホントそのとおりだと思います。
おかげで、作品に入り込む事が出来なくて、あまり楽しめませんでした。

中国勢のキャストは皆、勿体無いくらい良かったんですけどね。
リー・リンチェイも (リー・リンチェイ言うな) ミシェル・ヨーも。
ヒロインのイザベラ・リョンも可愛かったし。

はぁ。


あと…
「古代中国の悪しき皇帝とその軍団」 って題材は良いと思うんだけど、
五大エレメンツすら操り、キングギドラになれたり (違) もする皇帝が、
イムホテップやスコーピオン・キングに比べると、 小物 に見えるのは
いかがなものかと。
だって、実際弱いんだよ! ジェット・リーが演じてるのに! ありえん!


何より、

これ、ハムナプトラ・シリーズじゃねぇな…

と感じさせてしまうのは、続編として失敗だと思うんですよ。
例えるなら、ハリウッド版 『GODZILLA』 ってところでしょうか。
単品として観たら結構面白いのに、 『ゴジラ』 シリーズの一つとして
観たら駄作以外のナニモノでもないって言う、そんな感じ。

やっぱり舞台はエジプトに拘って欲しかったなー…
ミイラが出てくりゃ何でもいいってもんじゃないんだよ。

苦言を呈するのは、この作品が好きで、大切に思っているからです。

とりあえず、 『ターミネーター』 と 『ハムナプトラ』 は、私の中では
2で終わりと言う事にしておこう。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1277-1760a966

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。