後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ブラインドネス

今日は映画 『ブラインドネス』 を鑑賞。

公式サイト

突然目の前が真っ白になり何も見えなくなるという奇病が
蔓延する世界で、唯一人視力を失わない女性が主人公。

『アウトブレイク』 みたいなパニック・サスペンスだと思って
挑んだわけですが…


メイン・テーマは夫婦愛でした。


エエエ (゚口゚;)(;゚口゚)(゚口゚;)(;゚口゚) エエエーーッ??!!


友人が、この映画を観る際の心得として、
「(シャマラン監督の) 『ハプニング』 を観るつもりで」
と言ったのが、よーーーーーーく理解出来ました。

確かに、奇病の原因究明は全くなされず、ワケ分からんまま
世界中が病に侵されてゆくあたり、まんま 『ハプニング』 。

だがしかし、それは当たり前。

だって、 原因特定&治療法確立が主題じゃない
から。

(思えば 『ハプニング』 も夫婦愛がメインだった)

以下、感想のようなもの。 (少々ネタバレあり)



アメリカと思しき国のとある街。
車を運転していた日本人男性 (伊勢谷友介) の視界が
突然真っ白になり、何も見えなくなるところから、物語は
始まります。
その後、彼を助けた男 (実は自動車泥棒) や、彼の妻、
彼を診察した眼科医と待合室で同席した患者達を始めと
して、あっという間に街中、そして国中の人達が罹患して
ゆきます。

驚くのは、そんな非常事態なのに、政府は原因究明の
会議を何度か開催するだけで、何も対策を施さないまま
国が崩壊してしまう事。
患者達の治療に粉骨砕身している医療従事者の姿や
治療法を研究する学者の姿も映されません。

患者は、 「視界真っ白」 という症状が出ているだけで、
ロクに検査もされないまま根こそぎ強制隔離。
隔離施設には医者どころか、目の見えない彼らを世話
する者すらおらず、脱走しようとすれば即射殺。

しかも、老若男女、同室です。
家族同室なら分かるけど、普通は男女分けるだろう?

何そのムチャクチャ設定。

とにかくそんな状態なので、隔離施設の内部はあっと
いう間に荒んでゆき、無法地帯と化します。

そこらじゅうにゴミや糞尿が散乱し、設備もボロボロ。
誰もが汚れまくり、全裸で横たわっている人や、汚物の
中で倒れている人など、文明社会って何? 状態。

目が見えなくなるのは確かに恐ろしいです。
でも、見えない事を除けば、心身ともに健康なんです。

だのに、そこまで “人間” である事を捨てられる?
“人としての尊厳” を失える?

この映画が描きたかった事の一つが、 “極限状態での
人間の本性” だったのかもしれないけど、それにしても
あまりにも酷い設定に、唖然としました。
どれだけ劣悪な状況で暮らす事になろうとも、少なくとも
私は寝起きする場所と排泄する場所は分けるけどな。

尤も、そんなムチャクチャ設定より私を驚愕させたのは、
ヒロインですが。

彼女は、最初の患者を診察した眼科医の妻で、何故か
失明せずに済んでいる人物です。

この世界で唯一人、見えている人間。

フツー、観客はこのヨメの目を通して作品世界を観る事に
なると思うんですよ。

でもこの人、 何考えてるのかサッパリ分からん
ので、感情移入したくても出来ない。

盲目になったダンナが隔離施設へと連れてゆかれる際、
ダンナの世話をする為に 「私も今見えなくなった」 と嘘を
ついて同行するんですが、そこからして 「何で??」 と。
外に居て、必要な物資を届けたり、治療方法を探したり、
出来る事はいくらでもあるのに、一緒について行ったら
外部と 「隔離」 されるのが分かっているのに。
自分も罹患したのだと悟ったダンナが、接触感染を恐れて
「近づくな」 と忠告しているのに、 「私は大丈夫よ」 などと
根拠の無い事を言いながらベッタベタ触るし。
医者 (ダンナ) の言う事聴けよ!

隔離施設に入ってからも、このヨメは夫や周囲の人間達の
世話を、献身的に行います。
でも、それだけ。
目の見える自分が、劣悪な現状を少しでも打破してみせる
とか、そんな気概は一切無し。
途中から出現する 「独裁者」 のせいで、食糧と引き換えに
女性全員の身体を提供する事態になっても、抵抗もせずに
恭順しているし。
(その後に反乱を起こすわけだけど、それなら自分を含め、
女性達が辱めを受ける前に何故そうしなかったのか、と)

ほんま、何考えてるのか解からん……

火事で焼け落ちた施設を脱出した後は、同室だった数人を
自宅に連れ帰り、ようやく人間らしい生活に戻ります。
白人及び東洋人の夫婦に、小さな男の子、黒人の老人と
娼婦 (恐らくプエルトリカン) 、ブラス犬。
そんな、人種も社会経済的地位も異なる者達が集まって
形成する 「擬似家族」 はとても幸せそうです。
ラストは、最初に失明した日本人男性の視力が元に戻り、
世界も元通りになるだろう、と希望を持たせてエンディング。

一応、ハッピーエンド?

でも… 何か納得いかんと言う気持ちを払拭出来ない私。
エンディングクレジット中もずっと、
えーーーーーー……… ( ̄ロ ̄lll
という感じでした。
どうしたらいいの、このモヤモヤ感。

と言うかヒロイン、これから正常に戻ってゆくであろう社会で、
理由はどうあれ人一人手にかけた罪 (の意識) を背負って、
普通の生活に戻れるんだろうか……


いや、戻れるな、あのヨメなら。

つまり、唯一マトモだったハズのヨメが一番怖かったっつー
事でよろしいでしょうか。

因みに、一番驚愕したのは、

恐怖! 晩ゴハンにティラミスを出す鬼嫁

決して食後のデザートではなく、それが主食・副食です。
ホイップクリームもタップリ。
夫婦仲を疑ってしまう程にイヤガラセ・メニュー。

更には、そのイヤガラセ以外の何物でもないメイン料理を
ニコヤカに食べる旦那に驚愕。
アメリカではこれが普通の食卓なのか?
さすが肥満率25%だか30%の国。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1418-d6d5a667

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。