後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

平安時代に夢を馳せる

本日は 「神泉苑平八」 さんで名物 「うどんちり」 を
いただきます。
ここのうどんは日本一太いことで有名らしいです。

公式サイト


そんなわけで、いざ神泉苑へ。

神泉苑は、元々平安京の大内裏の南東隣りに位置した
大きな禁苑 (天皇の庭園) です。
池には北印度からお招きした善女龍王様がお住まいに
なっているとか。
源義経の妻・静御前が祈雨のため舞ったのもココ。

神泉苑

某ネオロマンスゲームでもおなじみの場所ですが、多分
初めて来る人は 「ちっさ!」 と思われるかもしれません。
ホントにこじんまりとしています。
(廃れていたところへ、某徳川さんが二条城を造る時に
 敷地をがっつりもってっちゃったため)


ありゃ何??(正直な感想)
池の中に何やら浮かんでいるのを発見。
船です。 「龍王船」 と呼ぶらしい。
皇族や貴族が舟遊びした当時を再現しているのでしょうか。

鯉塚と亀塚
池のほとりにあった鯉塚と亀塚。

神泉苑平八 入口
神泉苑の中にあるお食事処 「神泉苑平八」 さん。

さっそくお部屋へご案内~と思ったら。


案内先は、


龍王船


でした。 ∑( ̄▽ ̄




あの、池に浮かんでいた船? 龍の頭が付いた?

あの中? あの中で食べるの??


困惑する私を見て、お店の方は気を遣ってか、
「船がお嫌でしたら、客間の方にお席をご用意しますが…」
と言ってくれましたが。


全然嫌じゃありませんとも。

話のネタ的には最高 です。 b( ^▽゜)

(因みに、予約してくれた友人も龍王船を指定したわけでは
 なかったので、めっちゃビビっておりました/笑)

竜王船の入口
船内への入口。
友人の本名がデカデカと書かれておりました(笑)。
船は入口部分で固定されているので、中で人が動くと若干
揺れるぐらいです。

龍王船 内部に潜入
中はこんな感じ。
16名まで入れる船内を2人で貸切です。何か贅沢だわ~
テーブルは掘りごたつ式になっているので、足もラクチンです。

龍頭(被せてあるだけ)(がびーん)
龍さん。よく見たら、頭部は被せてあるだけでした。

ウキウキ撮影にいそしんでいるところへ友人も到着。
いよいよ、 「うどんちり」 の始まりです。

日本一太いうどん というヤツを、堪能させて
いただきましょう!

うどんちり

そんなわけで、うどんです。



1、2、3、はい。





太!!!




1本入れたら器がいっぱい(苦笑)
器に盛ってみました。
これもう、うどんじゃねぇな…(苦笑)
少なくとも “麺” の仲間には入れてもらえない気がします。

因みに、うどんは1人あたり2本です。
追加も可能で、1本につき250円です。

うどんを1本、2本って数えるこのシュールさ。たまらん。

箸を持つ手がプルプル
引き上げると、箸を持つ手がぷるぷるします(笑)。
結構重い。
極太な分、もちもちしていて美味しかったです。
お出しもエエ塩梅のお味でした。

サービスのデザート
お料理の出すのが遅れたお詫びとかで、水物をサービスして
いただきました。
2人とも撮影に夢中で遅れたとはまったく認識していなかった
んですが… ラッキー♪ 冷たいお善哉でした。

雅やかな雰囲気で、珍しいものを堪能出来ました。
大満足です。
食事中、何度か観光客に覗きこまれた事を除けば(苦笑)。
(まぁフツー覗きこむよな、こんなん浮かんでたら…)

神泉苑平八の廊下
普通の客間(笑)はコチラ。

恵方社
境内にある恵方社 (歳徳神) 。
その年その年の恵方を向くように、土台が回転できる仕組みに
なっています。

思いの外浅くてビックリ
ふと見ると、池の中を清掃中でした。

つか、 めっちゃ浅い!!!(笑)

善女龍王さん、こんな狭いとこに住んではるんやねぇ…
申し訳ない。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1421-b31da14e

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。