後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

『ワールド・トレード・センター』&『フォーリング・マン 9.11』

今日は、レンタルDVDで 『ワールド・トレード・センター』
『フォーリング・マン』 を鑑賞。

どちらも2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロ事件を
扱った作品です。

以下、感想のようなもの。(ネタバレあり)





『ワールド・トレード・センター』

WTCビルが崩落する時現場に居た為、二次災害に遭い生き埋めに
なってしまった港湾警察官2人が、奇跡的に救出された実話を元に
したノンフィクション作品です。

仲間は死亡、自分達も重傷を負い、身動きひとつ取れず、絶望的な
状況の中、お互いを励まし合って生還を果たした実在のお2人には
敬意を表します。

でも。

地上で、彼ら2人を救うため、それこそ命懸けで作業した人達には
まったくスポットが当たりません。
薄暗く埃っぽい瓦礫の中、極限状態の男2人の映像が殆どです。
ニコラス・ケイジとマイケル・ペーニャも大熱演です。

でも。

いまひとつ感動出来なかったのは恐らく、私が期待していたのは
救出する側の物語 だったから…

“神の啓示” を受けて現場にやって来て、神に導かれたかのように
奇跡的に彼らを見つけた元海兵隊の男性とか、行方不明の同僚を
案じる港湾警察の人達とか、決死の救出作業をした消防士達とか、
それこそ映画やテレビ番組を数本作れるくらいドラマがあったろうに、
この映画の中では殆ど描かれていません。

フィクションを入れる事無くあくまで実話どおり、と言う真摯な態度は
評価しますが、それならドキュメンタリー作品で良かったのでは?
わざわざオリバー・ストーン監督、ニコラス・ケイジ主演にしなくても
良かったのでは?

そういう点で言えば、 『ユナイテッド93』 は胸にきましたよ。
テロリストに乗っ取られた機内で、絶望的な状況の中、想像でしか
ないとは言え、生き残るため最後まで諦めなかった乗客達の姿が
描かれていたから。
本当に、その場に居るかのような緊迫感がありましたから。


『フォーリング・マン 9.11 その時、彼らは何を見たか?』

こちらは、同時多発テロの翌日、新聞に掲載された1枚の写真に
まつわるドキュメンタリー映画です。

あの日、WTCに居て避難出来なかった人達の中には、炎と煙に
追われ、逃げ場を失った末に飛び降りる人が数多くおられました。
「フォーリング・マン」 もその1人です。
飛び降りたって、到底助かりません。
焼死か窒息死か、墜落死か。究極かつ絶望的な選択です。
次々と飛び降りる、名も知らぬ人達の姿には涙を禁じえません。

ただ問題なのは、アメリカ人の大多数がキリスト教徒だと言う事。
キリスト教では、自殺は禁じられています。
現に、記者が 「フォーリング・マン」 だと推定した男性の家族は、
それが夫又は父であるとは、頑なに認めませんでした。
「彼が自殺するはずがない」 と。
(実際、家族が信じるとおり彼ではなかったのですが)

「飛び降りる人々」 の映像や写真も、みるみるうちに世間から
抹消され、代わりに現場で作業する消防士や警官の勇姿が
取り上げられるようになります。
非クリスチャンの私からすれば、その辺りが別の意味で怖いと
感じました。
前述のとおり、絶望的な状況下での究極の選択なんですよ?
少しでも苦しくない、少しでも助かる見込みがある、そう思える
選択をして、それが飛び降りだったとして。
宗教で禁じているのに、と誰が責められますか。
炎と煙から逃れられた、例えその一瞬だけでも苦しみから解放
されたと信じつつ、神の御許で安らかならんことを祈ります。

コメント

今更ですが 

私も、WTCとフォーリングマンを鑑賞しました。
この2作品は、アメリカ人の死生観を見事に対極に表現した作品ではないでしょうか。
片や、極限状況下でも、最後まで生きることを諦めない意志の強さで見事に生還した人間と、それを助けようとする人々の意志の尊さを、典型的アメリカ人のヒロイズムとして表現した作品。
片や、極限状況下において、自らの命を絶つように、高層ビルから飛び降りる人間を淡々と追った、アメリカ人の好きなミラクルが無いドキュメンタリー作品。どちらも実話ですから、余計に対照的です。
前者は、アメリカ人でなくても、心打たれる、良作です。人の命が救われる場面というのは、無条件に感動するものです。
後者は、感動的な場面などはありません。ただ、真実のみが淡々と語られていく。この作品を見て、果たして、人の命とは何なのだろう。生きることを諦めて、飛び降りたんだろうか。自殺と一口に言ってしまっていいのだろうか。と考えてしまいました。びびあん狼太さんも述べられてますが、宗教上の教えもあり、クリスチャンは自殺という物がタブー視されているそうです。不名誉なことだと。ですから、ご遺族は頑なに否定します。別に自殺を肯定するつもりはありません。
しかしながら、この対応に私は首をかしげてしまいました。
なぜなら、あの日、あの場所に、飛び降りるために行った人など居ないはずだからです。自殺など。誰もが、生きようと、必死にもがいていたはずです。しかし、逃げ場のない、絶望的な状況下で、生きたまま、炎に包まれるか、煙で窒息するか、飛び降りるか。。他にも手段はあったかもしれませんが、そのどれもが、最後は死に繋がっている、そんな選択肢を選ばねばならなかった彼等に非があるのでしょうか。そして、差があるのでしょうか。上層階に取り残された方のご遺族の方が、『彼にメールを送ったの。無事に帰ってきてねって。返事には、”無事に帰れたら奇跡だよ”と書いてあった。。深刻な状況だと分かった。。。』と泣いていました。想像の域を出ないので、その場の状況を軽々しく語ることは、差し控えますが、あの状況下で、死にたいと思っていた人が居たのでしょうか。少なくとも私は、誰もが、生きたい!と切に願っていたと思うのです。
その点で、あの行為を、自殺などと言ってはいけないと考えました。その場にとどまっていた人々も、最後まで、助けが来るのを待っていたでしょうし、飛び降りた人も、熱さや、煙から逃れたくて、外に飛び出した。そんな気がしてならないからです。ご遺族が、頑なに自殺ではないと否定した理由も、宗教上の理由などでは無く、そう信じているからであって欲しい。
あそこには、紛れもなく、死ではなく、生があったと私は信じます。

何か、まとまりの悪いコメントを書き連ねてしまいましたが、亡くなられた方々のご冥福をただただ、心から祈り、一日も早く、平和な世の中が訪れることを願ってやみません。

最後に、びびあん狼太さんの意見に、共感したので、コメントさせていただきました。
  • posted by fantasista218 
  • URL 
  • at 2010年07月04日 22時07分 
  • [編集]

コメントありがとうございます 

同じような気持ちの方がいらっしゃって、心強いです。
あの日、WTCから飛び降りた人々の心情は、地上で生きている
私達の誰にも分かり得ないでしょう。
中には 「もう助からない」 と絶望して自ら命を絶つために
飛び降りた人だって居たかもしれません。
でも。
その行為を 「神が赦す、赦さない」 の二択で判断するのって、
おかしいと思うんですよ。
fantasista218さんの仰るとおり、誰しも自ら飛び降りたくて
WTCに行ったわけじゃないんですから。

「フォーリング・マン」 が自分の家族だと言われたら、まず
彼がどれだけ無念だったろう、辛かっただろうと、悲しくて
やるせない気持ちになるのが普通だと思っていました。
でも、違った事に私の中の概念がひっくり返されたと言うか…
悲しむより先に 「自殺していない」 事を願う人がこの世には
居るのか、と。かなりショックでした。
「フォーリング・マン」 が赤の他人だったから良かったものの、
本当に彼女達の夫若しくは父だった場合、愛する家族にあれだけ
全力で否定されたら、彼の御霊も安らかに旅立てないだろう…と
他人事ながら心配してしまいました。
世界にはいろんな思想があるんですね。考えさせられました。
  • posted by びびあん狼太@管理人 
  • URL 
  • at 2010年07月09日 23時09分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1445-d4cc892b

ご案内

カレンダー

10月|2017年11月|12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。