後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

箱根旅行 1日目その2

箱根家族旅行、1日目つづき。


箱根ロープウェイ
大空をゆくロープウェイ。
向こうに見える山々の峰、同じラインでハゲてます。
あの辺が森林限界なのかな?

ひとまず大涌谷観光は終了。
これから強羅へ降りて、宿泊地である宮ノ下へ向かいます。

大涌谷
モクモクの上を通過。
因みに帰りのゴンドラは家族3人で貸切でした(笑)。

眺め最高
勇壮ですなー。


強羅へと向かうロープウェイ
写真では分かり辛いですが、小田原方面と相模湾も見えました。
お天気良くて、景色は最高でした。

箱根登山ケーブル車内
箱根登山ケーブルカー車内。
こちらは線路の両脇の殆どが植樹なので、景観はイマイチ。
ただ、駅の勾配がかなり急なので、それが中々見物でした。

強羅で箱根登山電車に乗り換えて宮ノ下駅へ。
駅に降り立った私達をまず驚愕させたのが、



駅から国道1号線まで、坂を下らなければならないのですが、
これがかなり急です。しかも長いです。

コレ… もしかして (もしかしなくても) 明日の朝、登らなきゃ
ならないんでしょうか……??
(そのとおりです)
(残念なお知らせ)

少々愕然としながらも、国道1号線をてくてく歩き、
富士屋ホテル
目的地である富士屋ホテルに到着。

チェックインして、早速お部屋へと案内してもらいました。
花御殿は43室全ての部屋に花の名前が付いているそうで、
両親の部屋は 「水仙」 、娘2人は 「あわもり草」 でした。

花御殿室内
「あわもり草」 室内。

花御殿室内
調度品などは極々普通です。
でも、外国人向けホテルだった名残で、平均的日本人女性の
身長の持ち主には、ドアノブの位置がめちゃ高なんですが。

花御殿クローゼット
そんでもって、クローゼットがデカイ!
スーツケースが2,3個余裕で入るサイズです。

花御殿バスルーム
バスルーム。こちらも、バスタブ、シンク、トイレ共に普通です。
特にトイレはあまりにも普通過ぎて、温水洗浄が無いどころか、
暖房便座ですらありません(涙)。

お風呂のタイル
よく見るとお風呂のタイルにあわもり草が。

絨毯
年季の入った絨毯もあわもり草。

鍵
そして、レトロな部屋の鍵。

と言うか、


キーホルダーでか!!!(爆)


( ↑ チェックイン時にホテルのフロントでこの鍵を渡された時、
予想外の大きさに思わず叫んでしまった一言がコレ)
(その後、ツボに入ってしまい、笑いを止めらなかった御仁が
ここに…)

ホテルの人曰く、「無くす心配はございません。」(ニッコリ)

そら無くさんわ(苦笑)。

ホテル内で食事する時や買物する時に使おうと、和風の小さな
手提げバッグを持って来ていたのに、当然のように入りません
でした。
因みに、デカイだけでなく重いです。

部屋のドア
部屋のドア。各室それぞれの花の絵が掲げられています。

花御殿の廊下
廊下は装飾ほぼゼロでシンプルな造りでした。

更につづく。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1485-1368a865

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。