後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

都をどりとプチ観光 その3

小腹も満たしたところで、祇園甲部歌舞練場へ向かうことに。

都をどり』 観劇です。

祇園甲部歌舞練場
桜の開花時期に 『都をどり』 を観に来るのは初めてかも。
(いつも何故か4月下旬でしたからね…)

立礼式お點前
お茶席。
本日ワタクシ、お正客でした。


虎屋のまんじゅう
虎屋の薯蕷饅頭。お皿は持ち帰り可。
団子の色は5色です。個人的には赤が好き。

お正客の器
お正客には、芸妓さんが点てたお茶を、舞妓さんが運んできて
くれます。器も他よりレードアップ。
舞妓さん、芸妓さん、他のお客さんにも一礼していただきました。
味は… よく分からない(苦笑)(正客にし甲斐の無い人…)

お茶席は1回につき100名ほど入るのですが、そのうち芸妓さんの
点てたお茶をいただける正客はたった2名です。
お正客席は大抵お茶屋のおかあさんに押えられるので、一般客は
なかなか座れません。
(そんなわけで、おかあはん、おおきにありがとう)
            ↑
        注 : 母のことではありません


第137回となる今回の演目は、 「水映桜花絵巻」 。
綺麗に、上品にまとまっておりました。

でも、3年前の 「浦島太郎物語」 のような笑いあり笑いありの
スペクタクルを期待していたので、ちょっとしょんぼり。
あれが祇園甲部のピーク (何のだ) だったのでしょうか。

つづく。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1547-b669ac9d

ご案内

カレンダー

10月|2017年11月|12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。