後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

DVD鑑賞三昧

レンタルDVDにて、いくつか映画を鑑賞。
その感想をば。

『ミミック』
 私がこの世で一番嫌いなヤツらがウジョウジョ……

 ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 誰だ、こんなん考えたのは(素泣)。
 ただでさえアレなのに、巨大化 (しかもヒト化) されたらもう
 泣くしかねーわ。
  
『シャーロットの贈り物』
 ニクになる運命の子豚ちゃん。
 『ベイブ』 の子豚は助かるために他の動物達の助けを借りて
 頑張っていたけれど、この子豚は無邪気なだけで、自分では
 何もしません。ホント、何もしません。
 その代わりに奮闘するのが蜘蛛のシャーロット。 (+ネズミ)
 「友達になってくれた」 というだけで、子豚救済に命を懸ける
 シャーロットの崇高さには頭の下がる思いですが、そのコに
 それだけの価値があるのかどうか…

 あと、人間の少女も子豚救出の立役者のハズなんですが、
 これがまた、めっちゃ影薄い。
 最後の方は、 子豚 <<< 人間のボーイフレンド だったし。
 ダコタ・ファニングのキャスティングが勿体無いです。 

『アイ,ロボット』
 最初気色悪かったロボットのサニーが段々可愛く思えてくる
 この不思議。

 “人間のため” 身を呈して主人公を守る旧型ロボット達には
 ホロリとさせられました。
 多分、日本人は他の民族よりロボットを身近に感じていると
 思うんですよ。
 ロボットは友達、みたいな血が流れていると言うか。
 ロボットが人間型である事に拘るのは日本人だけらしいし。
 だから、ロボットがぞんざいに扱われているのを見ると、何か
 泣けてきます。
 そんなん私だけかな。

『吉祥天女』
 鈴木杏ちゃん、確かに綺麗だしキリッとしているんだけど…
 原作の小夜子的美人じゃないんですよね。
 何だろう、妖艶さが足りないと言うか。
 不良どもをばったばったなぎ倒すところは格好良かったです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1551-e1346542

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。