後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

オープン・ウォーター&オープン・ウォーター2

今日でゴールデン・ウィークも終わりです。

ってか、もう? ウソ、つい昨日始まった気がするのに…
母さん… 私のあの4日間、どうしたでしょうね?
まま~ぁ~、どぅゆーりめんばぁぁぁ~~~~

で。
今日もDVD鑑賞です。
自堕落ここに極まれり。いいんだ私の人生なんだから。


『オープン・ウォーター』

非常に息苦しい映画でした。

多分、逃げ場の無い暗い映画館で観ていたら、発狂しかけてると
思います。
360度水平線の大海原が舞台なのに、閉塞感が凄いの何の。

実話を元にしているそうですが、酷い話ですよコレ。
主人公夫婦は何も悪くありません。
敢えて言うなら、運が悪かっただけ。
ラストは何とも言えないやるせなさが漂います。
人間は海を捨てたのではなく、海に見捨てられた生き物なんだね…


『オープン・ウォーター2』

続編と言いつつ、制作陣も制作国さえ異なる 『2』 。
共通しているのは、実話をもとにした海上サスペンスって言うところ。

ただし。
前作の主人公達は同情すべき点が多々ありますが (と言うか同情
すべき点しかないですが) 、今作の主人公達は一言、 「自業自得」 。


ホントにね、 バカです。


もうね、あまりの バカさ加減 に呆然としてしまいましたよ…

仲間が次々と死んでゆく、その大惨事の原因が

ハシゴの下ろし忘れ

って言うのがまず究極に バカ です。

いや、私も豪華クルーザーでは、海から上がる時にハシゴが必要だ
なんて知りませんでしたよ?
クルーザーなんか乗った事ないから。
でも、ただの手漕ぎボートだって、海から上がるには、船上に居る
他人の助力が必要です。少なくとも私はそうです。
「船に戻る手段」 を施してからでないと、怖くて飛び込めません。
つか、あんな陸地から遠く離れた海上で、浮輪とかゴムボートとか
無しに、とても海には入れません。立ち泳ぎ出来ないし。
自主的に船を降りたわけではないヒロインはともかく、彼女以外の
バカ5人は、ホント、後先考えないにも程があります。

更にその後、助かる手立てを講じる6人ですが、それがロクでもない。

ガタイの良い男が3人も揃っているのに、誰1人として協力することなく
ひたすら無駄にジャンプして体力を消耗してるし。
(2人又は3人が土台になって、その上に軽い女性を乗せて手すりに
手をかけるとか、ちょっとは考えようよ! ∑( ̄ロ ̄; )

奇跡的にゲットした携帯電話を、水に濡れたと言う理由でキレた男が
海中に投げ捨てるし。
(本当にオシャカになったかどうか試すくらいしようよ! ∑( ̄ロ ̄; )

それぞれの水着をつなぎ合わせて作ったロープも、一度の失敗で
あっさり放棄するし。
(結び直して何度かトライしようよ! と言うか、野郎どもは土台係で
サポートしながら軽い女性をのぼらせようよ! ∑( ̄ロ ̄; )

そうこうしているうちに、 喧嘩まで始める始末。
(そんな事で体力消耗するなよ! ∑( ̄ロ ̄; )

いくらパニック状態とは言え、彼らはバカです。バカ過ぎです。

折角のナイフだって、もみ合いの末、深い海底に沈んじゃうし。
(いくら “内緒で拝借” した船でも、傷の1つや2つ、自分達の命に
比べたら安いもんだよ! ∑( ̄ロ ̄; )

大体、主人公の元カレが、大見栄を張って他人様のクルーザーを
ドロボウしたのが元凶なわけですが、例え船が彼の物であったと
しても、嫌がるヒロインを抱きかかえて無理矢理海に飛び込むって
その行為が最低最悪、諸悪の根源です。
お前、冗談抜きで10万回死んでこい!!!
ヒロインは、少女時代のトラウマから海に対して恐怖感がある為、
泳げないのに。
付き合っていたのに、その事を知らなかったの?
乗船前から救命胴衣を身に付けて怯えていたのに、その理由に
気付かなかったの?
しかも彼女、乳飲み子を連れて来ているんですよ?
船室に赤ちゃん置きっぱなしなんですよ?
そんな状態で、大人が全員船を離れるって時点でおかしいよ?

はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~!! (イライラ度マックス)

2作の感想の長さの違いが、ストレスの溜まり具合だと思いねぇ。

なお、 『探偵!ナイトスクープ』 では、 『オープンウォーター2』 の
状況から生還出来る方法が模索されたそうです。
やってると思った(笑)。
結果として、如何なる手法でも 生還不可 だったらしいですが。

結論 : 海とバカは怖い

因みに、何故この2作をレンタルしたかと言うと、別のDVDで観た
『オープンウォーター2』 の予告編が 途方もなく面白かった
からです。
予告編は観る価値あるよ。予告編は。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1586-0afff49d

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。