後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ROOKIES

本日は映画 『ROOKIES』 を鑑賞。


感動!! とまでは正直いかなかったけど、良かったです。

と言うか、 可愛かったです。

もう、ニコガク・メンバーが我が子のように思えて辛抱たまらん。
ひとりひとり、頭ナデナデクシャクシャしたい気分だ。
ドツかれるだろうけど構わん。可愛いのう可愛いのう。

そんな風に “親戚のおばちゃん” 化していた私の他は、やはりと
言うか、イケメンスキーな若いお嬢さん方、そして以外と子供が
多かったです。
夢に向かって頑張る若者達の姿は、子供から見てもカッチョイイ
っちゅー事でしょうか。

ただ、原作者の森田まさのり先生と (恐らく) 同世代の私は当然
川藤、掛布、岡田、真弓などが現役だったタイガースの全盛時代を
リアルタイムで知っていますが、シアター内の大半が

ランディ・バース!!

って叫ばれても何の事か解からんかったと思われ(苦笑)。

(「ランディ・バース」 とは、バッター・ボックスにちょこんと立つ姿が
クマさん みたいで可愛かった外国人選手)
(以上、マニアック情報)

あと、私の周囲は若い女性ばかりだったので、彼女達のすすり泣く声
以外は静かだったんだけど、帰り際、後ろを歩いていた女性2人組曰く

「2時間じっとしていられないガキ子供を、映画館に
連れてくるバカ親の神経疑うわ(怒)」


彼女の近くに座っていたお子ちゃまが背もたれ蹴ったかお喋りしたか、
よっぽどむかっ腹立つような事したんでしょう。

お怒りごもっともです。

子供向けアニメや特撮映画はともかく、一般作品を鑑賞させるなら、
少なくとも上映中、もぞもぞ動かずスクリーンに集中出来るくらいの
年齢に達してからにして欲しいですね。
お行儀の良い子なら、小学1,2年生くらいの年でも大人しく観ていて
むしろ微笑ましいくらいなんですが、そうでない子はホント、12歳を
OVERしたような大きい子でも落ち着きないですから…

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1623-f53f2546

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。