後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

都をどり

東日本大震災から1ヶ月。
関西は、申し訳ないくらい “日常” です。

そんな私達が日本の経済を活性化させましょう、と言う事で、
本日は 「都をどり」 を鑑賞。

と、その前に。

桜が満開の円山公園で、一人観桜会。

円山公園しだれ桜
舞っているかのような枝垂桜。


満開
どこもかしこも桜、桜、桜。
そして、どこもかしこも青いシート、シート、シート。
関東の某知事は花見を自粛しろとか何とか言ったようですが、
“青空の下、花見をしながら家族や仲間で食事する” 程度は
許されるのではないかと。
もちろん、顰蹙買うようなバカ騒ぎは論外ですが。
「東北とか関東の分まで、関西が頑張って経済回さなアカン」
と、観光客と思しきオバサマ達も言っていました。

龍馬くんと慎太郎くん
この時期ばかりは、日本の未来ではなく桜を眺めているような
坂本くんと中岡くん。

美御前社の美容水
美御前社
八坂神社を訪れた女子は、必ず立ち寄りましょう。
美貌の女神様が祀られています。
身も心も美しくなれるよう、 「美容水」 をほっぺにペタペタ。

南楼門
八坂神社の南楼門。

円山公園&八坂神社を後にして、ジュヴァンセル祇園店へ。
ここで友人と合流。

春フォンデュ
桜の季節限定の 「春フォンデュ」 をいただきました。
限定メニューだけに、いつ訪れても “本日分売り切れ状態” 。
だもんで、今日は気合入れて開店と同時に入店。
2年越しの恋がようやく実りましたよ(笑)。
桜マドレーヌや季節のフルーツを桜色のチョコソースにつけて
いただきます。
んまーいvv (でも、筍の甘露煮はちと甘過ぎかな?)
最後はチョコソースにホットミルクを注いでごくごく。
堪能いたしました。

祇園甲部歌舞練場
つらつら歩いて、祇園甲部歌舞練場へ。

お茶席
本日の點茶。
點前は芸妓の佳つ幸さん、ひかえは舞妓の佳つ奴さん。

結構なお手前でした
お菓子は虎屋さんの上用饅頭。
茶碗は正客用です。ひかえの舞妓さんが運んでくれます。
正客以外の客は、女性スタッフが運んでくるお茶をいだたく
ことになる訳ですが、點前の芸妓さんが 「返し衿」 なのは、
お茶席の客全員を “大切なご主人様” として、心を込めて
お茶を点てている証なんだとか。
(返し衿は、水揚げされて旦那さんが居るって意味らしい)

第139回都をどりの演題は 「春花京都名所尽」 。
今年、各々800年遠忌及び750回遠忌を迎える法然上人と
親鸞聖人所縁の寺社仏閣と、御鎮座1300年の伏見稲荷を
舞台に、京都の四季の情景を芸・舞妓が舞います。
麗しいのう…

つづく。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/1712-e3672bfe

ご案内

カレンダー

04月|2017年05月|06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。