後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

成り行きでハリポタ感想追記


Yahoo!やGoogle等検索エンジンを経由してこのブログに来られる方で
ここ数日多いのはやはり 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
感想関係。


・・・ごめんなさい。



せっかく来て頂いても ハダカ天国 とかで。



胸板がどーだの、ロクなこと書いちゃいませんね我ながら。


感想を補足しますと・・・
あらすじは、原作の端折れる部分を削れるだけ削り落としたって感じです。

新聞記者のリータ・スキーターが実はアニメーガスという件も無いし。
バーサ・ジョーキンズは出て来ないし。
カルカロフ校長はヴォルデモートが復活しても出奔しないし。

んー、あとはー・・・

はっきり言ってハリーを筆頭に子供達の演技力はよく分からないんですが
(外国語の台詞って、それだけですごい幻惑魔法だと思うわ・・・)
マッド-アイ・ムーディ先生はめちゃ怪演でした。

ハリポタは4作通して中年・・・ いや、ナイスミドルなオニイサマ層が
良い感じで存在感をアピールしてますね。
観ていて安心出来ると言うか。キャストも何気に豪華だし。
(それだけに 『アズカバン』 の親世代逸話スルーが勿体無くて泣ける)

それにしても・・・ 原作読んだ時も思ったんですけどね。
ダンブルドア校長は本当に偉大な魔法使いなんでしょうか。
マッド-アイ・ムーディが本物か偽者か、見分けられなかったんですか?
『賢者の石』 ではクィレルの頭に下宿しているヴォルさんに気付かないし。
うーん。
まぁ、人間ちょっとくらい抜けてる方が好ましいですけどね。
校長てんてー、人間(マグル)じゃないけど。

ま、そんな感じ。


他、検索で引っ掛かるのはキャラメルボックスや劇団四季なんかの演劇感想。
こういうの、感想をUPしている人自体が少ないのかもしれませんね。
・・・ごめんなさい、いつもロクでもないことしか書いてなくて。

あと、「仔仔」で検索なさって来られる方が何故か多いです。
ごめんなさい以下略

バリ島関係のサーチ・ワードも結構多いですね。
「クブ・ビーチ」とか「アルサナ」氏とか。

「ウブド・ボディ・ワークス・センター」 のアルサナ氏によるマッサージは
2,3ヶ月前に予約されるのがオススメ。っつか必須。
公式でも予約出来るけど、Partenzaさんなら日本語可で親切丁寧です。
(回し者か/笑)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/236-02f53c23

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。