後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

往年のサッカー漫画CD


寒くて何もする気になれません。
まさにこんな気分。

ああマリネラに行きたい。


 +  +  +


コレ↓、明日発売。

「キャプテン翼 コンプリ-ト・コレクション」

当然私は予約済み。



だってねぇ? コンプリートですよコンプリート。

『C翼』 のアルバムは 全部持っています が(笑)、
ウォークマンで聴くためにカセットテープで購入していたものだから、
もう伸びまくってベロンベロンで。
このように一気にCD化していただくと、とってもありがたいです。

BGMまで網羅しているのがまた素晴らしいじゃありませんか。
結構名曲揃いなんですよねぇBGM。
ジャカジャーン!(←「シュナイダー・ザ・エンペラー」の出だし)
ああ、懐かしい。


以下、それぞれの曲に対する思い出。と言うか思い入れ?
ゆうべはコレ書いてて途中で力尽きました。
(よってこの日記は水曜日夜に書かれています)

因みに歌は全部ソラで歌えます。
私の記憶力はこんなどーでもいいことだけ抜群の働きを見せます。


「燃えてヒーロー」

 * 故・沖田浩之バージョン(カラオケなんかはコレが主)
 * 竹本孝之バージョン
 * 沖田浩之が歌っているところへ翼が割り込んでくるバージョン
 * 翼、岬、あねご、源三さんの南葛メンバーで歌ってるバージョン

 があります。89年版は見てないから知りません。
 南葛バージョンは黄金コンビの歌声がめちゃくちゃ可愛いです。
 中でも好きキャラNo.2だった岬くんの声だけを聴き分けようと
 頑張った記憶が。
 

「冬のライオン」

 今でもカラオケで愛唱しております(笑)。

 サンバだのチャンバだのバカ言ってるオープニングとはガラリと変わり
 カッチョいいエンディングです。
 それにしても、沖田浩之の歌って何故かキーが合うんですよねぇ。
 歌いやすいです。ええ、某『E気持ち』もね(笑)。


「君に捧げるララバイ」

 この歌、大好きなんですよ。
 沖田浩之の声がまた色っぽいの。


「熱い友情」

 正確には“厚い”友情ですが、『C翼』ワールドではこちらが正解。

 私の中では 「東邦学園テーマ曲」 に認定されています。
 歌詞が何となく「もののふ」っぽくて格好良いの。書けないけど。
 戦う敵は我に在り、ですよ。


「翼よ走れ!-キャプテン翼応援歌-」

 私が人格崩壊時に繰り出す

 「びびあんくーん! 今日も! 萌えてるかーい!?
  ありがとう!! 俺ッ! 萌えてる! よッ!」


 というのは、この歌冒頭のあねご&翼の台詞。
 (言うまでもなく「萌え」じゃなくて「燃え」ですが)

 この後、
 「さあ、みんな! 気合を入れてッ! 一発ッ! 決めようッ!」
 「おーーッ!!」
 と、続きます。

 「おーーッ!!」 の時は一緒に「おーーッ!!」と叫ぶこと。
 (イヤな指令きました) 


「ロンゲスト・ドリーム」

 * 竹本孝之バージョン
 * 坂本千夏バージョン

 が、あります。
 映画1作目のEDが竹本版で3作目のEDが坂本版。
 アレンジが好きなのは坂本版ですね。
 因みに2作目のEDは「大空翼が歌う明日に向ってシュ-ト」です。

 はい。

 東映ま●がまつりに通いましたが何か。


「友情フォー・エバー」

 岬太郎のキャラソン。
 あまりの能天気さに倒れそうになったのも今では良い思い出。

 そんなわけあるか。

 岬くんって確かにいつもニコニコ笑顔のイメージがあるけど、心中は
 結構複雑な子だと思うんですけど。シビアな境遇に居るし。
 


「荒野の叫び」

 日向小次郎のキャラソン。


 無かったことにしたい歌No.1です。


 この歌のせいで、当時のファンの間では

 「好きな科目が 音楽 のクセに ド音痴

 という定説が出来上がったくらいです。
 ヒドイや。(歌唱力じゃなくてファンが)


「風になれ」

 翼、岬くん、あねご、小次郎、そして南葛の滝が歌っています。

 何故、いきなり滝?! と思いませんでしたか?(誰に聞いてる)
 南葛イレブンの一人とは言え、青学で言えば2年の荒井あたりの
 ポジションですよ?
 しかも、間奏部分に4人の会話が入るんですけど、我が小次郎が
 イイ事言った後にすかさず「さすが日向、イイ事言うぜ!(↑)」って。
 お前、私の小次郎と馴れ合ってんじゃねーよ!
 しかもその口調がかなり気色悪い。

 その後、某ネオロマの炎様と出会った時ビックリしましたもの。
 同じ人がやってんのか!と。声、めっちゃオトコマエやんか!と。
 
 尚、賢雄さんは確か東邦の反町くんも担当なさっていました。
 爽やか美形のルックスに反し「野太い声」だとして、私の周囲では
 かなり不評でした。


「シュナイダー・ザ・エンペラー」

 ジャカジャーン!(もういい)

 しかし、このテーマ曲と映画1作目のイメージが先行し過ぎて、
 「金持ちのご子息」だと思われていたんですよねシュナ。
 原作に出てきた時、思いっきり庶民だったので驚愕しましたよ。


「ヨーロピアン・ドリーム」


 半ズボン軍団キター!


 あんなにどよめいた映画館、後にも先にもコレしか知らない。


「小次郎カムバック!」

 映画2作目(『危うし!全日本Jr.』)で、甘い自分を鍛え上げるべく
 雪山に篭って独り修行する日向小次郎。(注:小学校6年生)

 行方不明扱い(笑)でかろうじて選手登録だけされていた小次郎が、
 全日本ジュニアのピンチに 後光を背負いながら 戻ってくる、
 そんなシーンに流れる曲です。館内大爆笑でした。



もうね、もっといろいろ語れるけどね。
みんな引き始めてると思うから(始めてるどころじゃない)そろそろ
やめておくわ。

そういや、南米Jr.の“サッカー・サイボーグ”カルロス・サンターナは
井上和彦声でした。
「エエ声やなぁ」と思っていました。

そうか、その頃から声フェチか・・・

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/251-1bb2451c

ご案内

カレンダー

07月|2017年08月|09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。