後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

わんこ大好き狼太さん


お嬢さん、涎が・・・
今日の 「まめ」 。

平日はどうしても構ってあげられるのが夜中になってしまう為、
いつもスヤスヤ眠っているところを 叩き起こされる という
気の毒極まりない 「まめ」 です。

職場にも連れて行ってやった方がいいんでしょうか。
でも、どっちみち仕事中に世話なんて出来ないしなぁ。
うむむ。




 +  +  +


犬つながりで、『 里見八犬伝 』 の話題。 (エエエエ?!)


仁義礼智忠信孝悌。

『新八犬伝』 エンディングの歌詞にもある、八つの玉に浮かぶ文字。

子供心には、この八文字がまるで “ 呪文 ” のように感じられて。
漢字の羅列、と言うのも何だか格好良くて。

これをよどみなく続けて唱える事が出来るのが、私達の間では
“ デキる女 ” の証でしたね。(いや、本当に)


そんな 『 南総里見八犬伝 』 を、この正月久しぶりに映像で観る事が
出来たわけなのですが。


・・・うーーーーーーーむ。


出演陣は豪華だし、衣装とセットはとても綺麗だったのだけれど、
いまひとつ心に響いてこないドラマだったなぁ・・・(苦笑)

グッときたのは、ゝ大法師がおっ死ぬシーンくらい?

何故なんだろう。
やっぱり主役とヒロインがだい


まぁ、原因は八房が出なかった、と言うことでFA。

そもそも、浜路って里見のお姫様だったっけ・・・??

NHKの人形劇 『 新八犬伝 』 を見ていたのがまだ幼稚園に入る前、
滝沢馬琴の原作を読んだのは10代半ばの頃が最初で最後なので、
もうかなり記憶がアヤフヤな私です(苦笑)。

(因みに原作本は和紙のような装丁のハードカバー付きで、
 高校生の身としてはすごく高価な買い物だったのですが、
 当時の友人に貸したまま、未だに返ってきません)
(このブログ見てないだろうけどT山さん、貴女です)


それにしても、ゝ大法師は本当に良かったです。
渡部篤郎に惚れかけましたよ。
この人、『 ストーカー 逃げ切れぬ愛 』 というドラマを見て以来
どんな役を演じても良い印象が持てなかった役者さんだったのに
一発逆転ホームランです。スゴイや。

八犬士自体も良かったですよ。
個性がしっかりしていたし。バトル・シーンは格好良かった。
彼らに関しては、連続ドラマでじっくり観たい気もします。
(その際はもう少しストーリーを練っていただきたく・・・)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/292-40205d79

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。