後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

THE CHRONICLES OF NARNIA


ファンタジー大作 『 ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女 』


なお、ワタクシ 原作は未読 です。
珍しい?

因みに 『指輪物語』 も未読でしたね確か。

こういう、魔女とか魔法使いが出てくるようなファンタジーを読むべき
少女時代に、忍者 が出てくるような小説を読んでましたから(苦笑)。
山田風太郎とか。

だもんで、 『ロード・オブ・ザ・リング』 の時もそうでしたが、
今回もわざと原作を読まずに映画鑑賞しています。

だってその方が素直に入り込めるから。

なまじ原作を知っていると 「ココが違う! アレが端折られてる!」
ってな具合に、どうしても 「原作と異なる部分」 が気になっちゃう
性質なもので、その分素直に感動出来ない気がして。
先入観無い方が逆に楽しめるかな、とも思うし。


ええ、実際 ハラハラドキドキ でしたよ!?


石舞台のあのシーンで!!

(いや、もう、本気で泣きかけましたから!)
(だってだってアスランがーーー!!)


そんなナルニア・ビギナーの私が映画を観て気になったこと・第一弾

(ネタバレあり)




◆ ペベンシー兄妹

 子役が もっちゃり してます。

 良く言えば素朴、悪く言えば垢抜けてない感じ。

 「美男美女ではない、どこにでも居る少年少女」 ってのが
 コンセプトなんでしょうが、個人的にはちと残念。


◆ タムナスさん

 次女ルーシーと友情を育むフォーン (半神半獣) のタムナスさん。

 前述のとおり原作未読なんで存じ上げないのですが、原作の中でも
 彼はずっと 「タムナスさん ( Mr. Tumnus ) 」 なんですか?

 他のキャラはみな (アスランでさえ) 敬称無しなのに、彼だけは
 常時 「さん」 付けなのが妙にツボに入り、一人でウケていました。
 アホだ。


◆ ターキッシュ・デライト

 次男エドマンドが白い魔女に魂を売り渡す原因となる魔のお菓子。

 で。
 その 「ターキッシュ・デライト」 って何ぞや?

 「ターキッシュ」 = トルコ (トルコ風) の菓子? = 激甘?

 程度にしか想像を発展させることが出来なかったお粗末な我が脳。
 スクリーンで次男坊ががっついているのを見る限りでは、


 赤い着色料を死ぬほど添加した

 ゼリー菓子に、イヤガラセかと

 思うくらいにドバドバ片栗粉を

 まぶしたシロモノ



 という印象でした。

 何かね、エドマンドが貪り食う時の食感が ざくざくコナコナ
 していまして。


 とどのつまり、とっても 不味そう

 
 兄弟裏切ってまでこんなもん食いたいなんて・・・
 エドマンド、アンタ正気ですか。


◆ ヒネクレ者の次男坊

 何度かその脳天にチョップ食らわせたくなりました。


 オーマーエー!


 ベラベラベラベラ白状し過ぎだ!!



このつづきは明日の第2弾で。 (エエエエエー!)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/355-a01d6b11

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。