後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

淡いピンクに誘われて・前編

雨模様だった昨日から一転、今日は朝からお天気がすこぶる良かったので、
お花見ウォーク に行ってきました。

上賀茂神社の御所桜

6時に朝起きて、ゴハンを食べ洗濯し、8時過ぎに市議・府議選へ出向いて
清き一票を投じ、そのままお花見へレッツラゴー。

テーマはズバリ 「そうだ京都、行こう」 (by JR東海)。

あのCM&ポスター、ホントよく出来てますよねぇ。
今年の春キャンペーン 「春のない国には、私、住めないかも。」
ついつい誘い出され、ぶらり歩いてきました。


まずは市バス46号系統に乗って、世界遺産 「上賀茂神社」 へ。
(46は、神社に隣接する駐車場まで連れて行ってくれるので便利ですが、
 結構遠回りルートなので、四条烏丸あたりで乗車すると、4,50分くらい
 かかります。特に今日はお客さんが多くて立ちっぱなしでした。
 堀川通を北上する9号系統に乗り換えた方が良かったかも)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

一ノ鳥居を抜けると、そこには美しい桜… と言うより、フリーマーケットが
でででんと広がっておりました。興醒めだよう(涙)。

上賀茂神社 御所桜
薄桃色が可憐な御所桜。 (逆光)
満開を少し過ぎたってところでしょうか。
斎王桜やみあれ桜などは、残念ながらまだ殆ど咲いていませんでした。

上賀茂神社 神馬
神馬。
神馬舎の中で神々しい笑顔を (笑顔?!) を振りまいてはりました。
らぶりー。

上賀茂神社 立砂
立砂。
神山を模したこの砂山に神様が下りてこられるそうな。

上賀茂神社 楼門
楼門。
こちらの山桜も、つぼみ~五分あたり。
…もしかしたら、1週間後に来た方が良かったかもしんない(苦笑)。

本日、上賀茂神社では 「賀茂曲水宴」 がありました。
小川に流した盃が流れてくるまで和歌を詠む、アレですね。
見たかったのですが、始まるのが13時、更に終わるまで約2時間かかると
言う事で、目的が別にある今日 (今年) は断念しました。
折角お天気良かったのに、勿体無かったかなぁ。

上賀茂神社を出たら、賀茂川・御薗橋へ。そこから河川敷に降りました。

まずは右岸側に。
因みに川の上流から下流に向かって、右側が右岸、左側が左岸となります。
ミニうんちく。

桜を鑑賞するならば左岸の方が個人的にオススメなのですが、では何故
あえて右岸側に降り立ったかと言うと、それが 志波ポジ だからです。

乙女ゲー 『ときメモGS2』 の中で、主人公と志波くんが修学旅行先の
京都で訪れるスポットと言うのが鴨川らしき川岸で、川と大文字山との
位置関係からすると、それが右岸なんですね。

アホですね。

だがしかし。

賀茂川 志波くんポジ(笑)

黄砂の影響なのか、東の山々は思いっきり霞んでいて、大の字どころか
山の端さえハッキリ見えない有様なのでした… _| ̄|○ |||

見えないものはどう頑張ったって見えないので、スッパリ諦め左岸へ移動。

賀茂川 上流側
因みに上流側はこんな感じ。
この辺りは両岸共高いビルも無く、とっても長閑です。

賀茂川と船形
北山大橋の上から。
大文字は見えませんでしたが、船形はくっきり見えました。

賀茂川 半木の道
半木(なからぎ) の道。
北山大橋から北大路橋の間は紅枝垂桜のトンネルが続きます。
ここもまだ五分くらい。

ソメイヨシノは満開。とっても綺麗でした。

賀茂川 桜並木

賀茂川 桜並木

以下、後編へ続く。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/747-19d028c9

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。