後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

淡いピンクに誘われて・後編

「そうだ京都、行こう」 実行ふらり賀茂川ウォーク、後編。

桜



賀茂川 上流側
これは出雲路橋上だったかな。かなり南下してきましたね。

下流に向かって歩くと、顔面を南に向ける事になるので、日焼け対策など
何もしてこなかった私は、照りつける太陽に戦々恐々でした。
花見焼けか…(苦笑)

さて、賀茂川は下鴨神社の南で、同じように北東から流れてくる高野川と
Yの字に合流し、鴨川となります。
そんなわけで、高野川の左岸 (そしてその後鴨川の左岸となる) に移動。

高野川
高野川、河合橋上から。
向こうに見えているのは、五山送り火のひとつ、 「妙法」 の 「法」 。

なお、高野川も桜並木が続いています。中州に咲く菜の花もプリティ。
桜の桃色と、菜の花の黄色と、空の水色。いかにも春らしい配色です。

賀茂大橋以南は、河川敷ではなく川端通をてくてく。
すみません。 顔面照射、もう限界
桜の木が程好い木陰を作ってくれているので、助かりました。

丸太町通を越えたあたりから、東側に桜が見えてきます。

琵琶湖疏水
冷泉通、琵琶湖疏水沿いの桜です。

ここはもう、モコモコ! ってくらい満開でした。
プロ若しくはアマ・カメラマン達はちらほら見かけましたが、観光客は殆ど
居らず、地元のお年寄りや子供連れのお母さんが散歩している程度なので、
結構穴場かも。

夷川発電所
この向こうは夷川発電所。

琵琶湖疏水
もこもこちゃん。

岡崎桜回廊十石舟めぐり
ふと前方を見ると、「岡崎桜回廊十石舟めぐり」 の船が。
水上から見上げる桜と言うのも、オツなものかもしれません。

大文字
疏水沿いに歩いて、東山 (東大路) 通までやって来ました。
ここまで来て、ようやく大文字と逢えたよ志波くん…

いっそこのまま美術館、動物園を経て蹴上のインクラインまで疏水沿いを
歩いても良かったんですが、そろそろ足より が危うくなってきたので
帰ることに。

東山二条まで行くと、うまい具合にバスが来たので、祇園まで乗車。
(市内フリー定期券を持っているから、バスはいくら乗っても大丈夫)

祇園でバスを乗り換えれば、帰宅出来るわけなのですが…
せっかくだからと、八坂神社から円山公園へ。

入った途端、後悔しましたけどね。


花見シーズンの円山公園は、はっきり言って 花見が出来ません
はらはら舞い散る花びらの数より多いんじゃなかろうかという人間の頭に、
人込みに酔う体質の私はクラクラ…
枝垂桜だけ見て、とっとと退散しました。

円山公園 枝垂桜
ちょっと散り気味。
個人的にはライトアップされた夜桜状態の方が好きです。

ただ、これで帰ったら何か負けた気になりそうなので (何に) 、東大路から
白川北通~花見小路を通って巽橋界隈へ行ってみました。

白川
風情溢れる白川の風景。
ただこの日は、白川北通の方が桜の咲きっぷりは良かったです。

白川に鳥さん
鳥さんが佇んでいました。

以上。

移動距離は、トータル7~8kmってところでしょうか。
実際は河川敷を上がったり下りたり、橋を左右に渡ってみたり、はたまた
後戻りしたりとちまちま動き回っていたので、歩行距離は10km近いと
思います。

ああ、でも堪能しました。

これで桜は当分見なくてもいいや (笑)。

コメント

きれいですねぇ~ 

さすが地元の方は穴場をよくご存知ですねぇ!(^^)!
たっぷり堪能させてもらいました♪

じつはこの前京都行ってきました。

円山公園も行きました^^;
人も多かったですが
敷き詰めてあるブルーシートに超びっくり!?
興ざめしました(>_<)

来年はびびあんさんが歩かれたコースに行ってみようかな。
でも10キロは歩けないかも!?
  • posted by MAHO 
  • URL 
  • at 2007年04月15日 14時44分 
  • [編集]

ありがとうございます 

レス遅くなって申し訳ありません。
今週は特に死線ギリギリのびびあんですコンバンハ。

円山公園行かれましたか。凄かったでしょう。いろんな意味で。
ブルーシートのご一行様は、桜より酒を愛でる方々が多いのも、
興醒めの一因です。桜を見ながらゆったり呑んでおられるのなら
風流と言えなくもないのに、実際は酔っ払ってバカ騒ぎしている
だけの輩が何と多いことか。

鴨川(賀茂川)ウォーク、結構オススメですよ。
こちらもブルーシートが目に付くという難点はありますが。
私のようにアホみたく歩かなくても、北山大橋~北大路橋間、
もう少し足を伸ばして高野川との合流点まで、とかでも充分
堪能出来ると思います。
府立植物園をコースに入れるのも手ですね。
あと、北上より南下の方が歩くのは楽です。日焼けますが(笑)。
  • posted by びびあん狼太@管理人 
  • URL 
  • at 2007年04月18日 22時56分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/748-0040a45c

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。