後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

祇園祭その7

昼休み。

御池通まで出たところ、何と!!

カマカマちゃん!!!

目の前には好き山No.1の 蟷螂山 が!!

きゃー!!!

らぶり~


カマカマちゃん!!!!!




まさに、カマカマちゃんをこよなく愛する 私の為だけに
巡行してきたかのようなタイミング。 (そんなわけあるか)

嬉しさのあまり踊りそうでした。 (踊るな)



蟷螂山
何枚撮るつもりだ(苦笑)。
32基ある山鉾の中で、唯一カラクリで動くカマカマちゃん。
ちょっと小首を傾げながら手 (と言うかカマ) を挙げて挨拶してみたり、
沸き上がる歓声に羽をパタパタさせて喜んだりと、沿道の客に愛想を
振りまきまくっていました。愛いヤツ。

山伏山
上から読んでも下から読んでも山伏山。
お天気があまりよろしくなかったせいか、山鉾によってはビニールが
掛けられていて、ちと残念。

御池通、東から西側を望む
道路横断中に撮影。
(山鉾の切れ間毎に、婦警さんが横断歩道の利用を許してくれます)

放下鉾
放下鉾
放下鉾。
見送りはヘドウィグ白いフクロウが舞う 「バグダッド」 。
らぶりーきゅーと vv

どうせなら 「さきの巡行」 のラスト (船鉾) まで見ていたかったけど、
悲しいかな昼休みには限りがあります。ここでタイムアウト。
ま、いいか。カマカマちゃん見られたし。

なお、うちのパパンとママンは、毎年長野から来る友人夫婦と一緒に
有料観覧席で優雅に鑑賞していたらしい。
娘は激務の合間、ほんの10数分見るのが関の山だと言うのに……
夕方、神幸祭で神輿が出る時間も働いとったっちゅーねん。はぁ。

参考までに、祗園祭・山鉾巡行の説明をば。
出発地点は四条烏丸、四条通を東に向かって進みます。
四条堺町に設けられた関所で 「くじ改め」 。(長刀鉾など 「くじ取らず」 の
山鉾はスルー)
四条麸屋町では、先頭をゆく長刀鉾の稚児が太刀で注連縄を切り落とし、
四条河原町交差点でまず1回めの辻回し。
左折したら河原町通を北上し、河原町御池の交差点で2回めの辻回し。
今度は御池通を西に向かい、新町御池で3回めの辻回し。
新町通を南下した後は、各山鉾町に帰ってゆきます。
(新町通は細いので、民家の間を山鉾が進んでゆく昔ながらの巡行に
 一番近い状況かも)

以上。

辻回しを生で見たのは、学生の時、通学途上の四条河原町が最後です。
前期試験の真っ只中でした。何年前だ…

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/854-c9e3e869

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。