後悔日誌

今日の日記は明日書くかもしれません。(それは既に日記ではない)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • posted by びびあん狼太 at --時--分 
  • [スポンサー広告
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

ハリポタ

本日は 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 を鑑賞。

公式サイト

同行者は妹。
と言うか、ハリポタは何故か毎回妹と観に行っているのですが、この人
いまだに原作を読んだことがありません。
読めよ (苦笑)。

そんなわけで、恒例一言感想 ↓


年々可愛くなくなるハリーに

おねーさんハートブレイク。



何だろう…

特に今回、個人的に 髪型がダメ です。

中途半端な前髪と中途半端なパーマと中途半端な刈り上げがダメ。
前作 (炎のゴブレット) くらいがオネーサン好きだなぁ…

と言うかね!
ダニエル君、それこそ中途半端に青年になっちゃってるんですよ。
背はまだ低いのに、体型は妙にガッシリ筋肉質で。
15,6の少年なら (ダンは実際17歳なんだけど) 、っつかハリーなら
もっとヒョロリとしてなきゃダメ!! (どんな拘り)


以下、ネタバレあり。






例によって例のごとく、エピソードはめっちゃ端折られていました。
が、原作を読んでいない妹が 「すごく面白かった」 と言っておりますので、
映画としての完成度は高いのでしょう。
(むしろ原作既読者の方が、いろんな事が気になってモヤモヤするんだと
 思います/苦笑)

クライマックスの魔法合戦は迫力があって面白かったです。

もうね、カッコ良くって!!

ダンブルドアが!! (じじいかい!)


校長… あんなに矍鑠となさっているのに、次回作では…… _| ̄|○ |||

そして、シリウスです。

我が最愛の彼、私がハリポタにのめり込む原因となった彼とは、今回で
お別れです。
映画だし、死に方に変化あるかも? と多少の期待はしていたのですが、
さよならも告げずにあっさりアーチを越えてゆきましたとさ…
意外性の無い男だね。ち。
ホント、原作を読んだ時から納得いかないんですけど。あの死に方が。
ハリーを守りヴォルデモートに殺られたとか、ルシウスと刺し違えたとか
そういうのならまだしも、従姉の呪文をウッカリ食らってあの世行きって
おまい。
そんなんだからへたれわんことか言われるんだー! うわーん!!(泣)

でもま、 ゲリオだし 映画はコレでいいかと思っている私が居る事も
また事実。 (ヒドイ)

原作を読んだ時ほど彼の死にショックを受けなかった (と言うか、全然
ショックじゃなかった) のは、ゲリオが私の中のシリウス像とは異なる
人物だからだろうなぁ、と… ごめんなさい。
役者としては好きだけど、シリウスとしてはどうにもダメなんです。
一番のダメ要因は 背丈 なんですが、それ以外にもワカメヘアとか
刺青とか裸コートとか、ホントやめて…

ま、こんなとこかな。

原作は最終巻が今日発売でしたっけ?
映画としては残り2作。
ダニエル達が10代のうちに撮り終えるといいですね。
(今でも結構キツイものが)

後は、キャラ別感想。

★ ロン

 クィディッチのエピが丸ごと削除されていたので、可哀相でした。
 ただでさえ、美味しいところはハーに持ってかれているのに…
 見せ場は、シェーマス達に嘘つき呼ばわりされているハリーの事を
 「信じる」 と言い切るトコぐらい?

★ ハーマイオニー

 胸大きくなりましたね。 (どこ見てんだ)
 前作のドレス姿があまりにお子ちゃま体型だったので、安心しました。

★ルーナ・ラブグッド

 原作だとかなり変人っぽいイメージだったんですが、イバナ・リンチ嬢、
 普通に可愛かったです。
 見た目とか言動とかがフワフワほやほやと雲か綿菓子みたいな感じで。
 良い意味で浮世離れしていて、そこがキュートでした。

★ チョウ・チャン

 何だろう、前作ほど可愛く思えなかった… パッツン前髪のせいかな。
 顔も何か四角張ってきたし。
 キスシーンはちょっと驚きましたね。
 ハリーにとってはファーストキスだし、せいぜいフレンチキス程度だと
 思っていたのに、お前ら長ぇよ(苦笑)。

★ ジニー

 チョウしか視界に入らない状態のハリーを、ちらちら気にしている風の
 ジニーがめっちゃ可愛い。お嬢さん、あと一年の辛抱ですよ。

★ ジョージ&フレッド

 兄ちゃん達、デカイな(苦笑)。
 親世代も子世代も、身長逆転現象起こりまくりですね。
 カッコ良いからいいんですけど。
 原作どおり、アンブリッジに一泡食わせて箒で去っていった彼らですが、
 あれでは退学した事になってんだろうか。

★ ダンブルドア軍団

 原作より少なく、総勢20名弱?
 と言うか、見たことない生徒が3,4名居るんですが、説明無しかい!

★ アンブリッジ

 デヴィ夫人かと思いました。

★ ペチュニア

 衝撃の衣装に吹きました。

 いくら何でもそれはないだろう!!
 と言うか、英国のおかんの普段着はアレか? アレなのか?

★ ベラトリックス

 当初決まっていた女優さんが妊娠降板し、ヘレナ・ボナム=カーターが
 代役となったらしいですが、個人的には原作を読んだ時のイメージが
 彼女だったので、合っていたと思います。
 特にアズカバンのシーン。

こんなところかな…
あ、そうそう、ジェームズ&セルブスの学生時代がちょこっと出ましたね。
どうせならシリウスも… って、別にいいか。
想像だけに留めておいた方がいい事もあるよね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://vivien.blog9.fc2.com/tb.php/857-b245b18d

ご案内

カレンダー

09月|2017年10月|11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

検索

 

自己紹介

びびあん狼太
[author]
びびあん狼太
[profile]
京都在住、社会人、女
特徴:ハウスな人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。